再現レシピ

世界の山ちゃんのレシピ!家庭でもお店の手羽先が簡単に再現できる!

 

僕が学生時代に足繁く通った、名古屋の名店「世界の山ちゃん」。

 

ここの手羽先が好きすぎたので、この味を自宅でも!ということで・・・風来坊派の彼女と一緒に 山ちゃんの手羽先を再現することになりました。

 

山ちゃんの手羽先を家でも食べたい!レシピを知りたい!という方は参考にして下さい!!

 

 

世界の山ちゃんのレシピ!手羽先が好きすぎて再現してしまった

 

早速、レシピの紹介!

 

<材料> (1人前)

手羽先 6本
薄力粉 大さじ1
油   適量
テーブルこしょう たっぷり

【たれ】
にんにく 1/2かけ
しょうゆ 大さじ2
みりん  大さじ1
酒    大さじ1
砂糖   小さじ2

<作り方>

①手羽先に塩を軽く振り、15分ほど放置(室温に戻しておく)

 

②にんにくはすりおろし、鍋にタレの材料を全てあわせ火にかけ、沸騰したら弱火にし落とし半分になるまで煮詰める

 

③手羽先の水気をふいて、前面に小麦粉をふる

 

④余分な粉は落として、手羽先を揚げる
片面3分ずつ、一度油から取り出す

 

⑤再び油に投入し、こんがりキツネ色になるまで揚げる(二度揚げ)

 

⑥油が切れたら、タレをハケで塗る

 

仕上げに、たっぷりのうまみ調味料を加えると、より店の味が再現できる

 

今日はテーブルこしょうがきれてしまっていたので、ブラックペッパーで代用しました。

 

今までたくさんのレシピを試しましたが、このレシピが一番見せの味に近いと思います!

 

簡単にできるのでオススメです。

ぜひ作ってみてください。

 

ぽんすけ先輩
ぽんすけ先輩
料理は最高に面白い!
嫁ちゃん
嫁ちゃん
料理中の男性にクラっときてしまう。。。
料理
料理男子になってモテるようになったのは、東京オカザキッチンさんのおかげですこんにちは。 ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。 東京オカザキッチンさんという料理ブロガーに憧れた...
モテる男の7割以上に共通していたこととは?|あるコトを極めるだけでブサイクな人生を180度変える!こんにちは。 ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。 僕の友達、グラさんの悩みです。 [voic...

 

 

世界の山ちゃんのことを知ろう!

 

せっかくなので、山ちゃんのことを全国の方に知ってもらいたい!

ということで、僕が「世界の山ちゃん親善大使」としてご紹介します。
(誰にも頼まれてないけど・・・)

 

2019年1月現在、世界の山ちゃんは国内67店舗、海外9店舗に展開する居酒屋チェーン店です。

そのうち本場の愛知県にあるのは29店舗です。

僕が学生時代は、愛知県しかなかったのに!

いつの間にこんなに広がっちゃったんですかね!

海の外まで行っちゃいましたね。

 

 

1981年名古屋に第1号店がオープン。

創業者は山本重雄さん。

だから「山ちゃん」

 

 

イメージキャラクターの名前は「鳥男」

体が鳥で頭が人。

名古屋に来たら、どこかで見かけているはずですよ!!街のいたるところにいますから(笑)

 

名古屋人だと、手羽先は「山ちゃん派」か「風来坊派」に分かれます。

二大派閥ってやつ。

 

山ちゃんはスパイシーで濃い味、風来坊は甘辛タレ味。

全く違う味わいです。

 

んで、僕は断然「山ちゃん派」!!

手羽先とビールが合いまくる。パクパクグビグビ、いくらでも胃袋に入っちゃう!

 

だいたい毎回4人前は食べるのです。たぶん12~13匹分くらい?

 

こんな素晴らしい手羽先をありがとう!!

 

こんな素晴らしい「世界の山ちゃん」の創業者 山本重雄さんですが、
残念なことに59歳という若さで亡くなってしまったのです。

今は美人な奥さんが、社長となり志をついでいるそうです。

 

こんな記事を見つけました。

「世界の山ちゃん」女社長が明かす亡夫=元会長の突然死

夕方5時。開店を待ちわびていた客がどっと詰めかけ、9月末にオープンしたばかりの
「世界の山ちゃん」岐阜長住店の店内は一気に騒がしくなった。

その喧騒に負けず劣らず賑々しく、壁一面に描かれた“鳥男”のユーモラスな表情を見つめながら、山本久美さん(50)が、ぽつりとこうつぶやいた。
「いまごろ、なに考えてるのかなぁ……」

名古屋発祥の人気居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」。
体が鳥で頭が人の鳥男は、同チェーンのイメージキャラクター。
モデルは創業者の山本重雄さん(享年59)、その人だ。

久美さんは、重雄さんの妻。その目に、うっすらと涙が浮かんで見えた。
「会長(重雄さん)の、長年の夢だったんですよね。ずーっと言ってたの。『いつかは岐阜に、いつかは故郷に錦を飾りたいんだ』って」(久美さん・以下同)
国内12都道府県、さらには台湾、香港、タイ、マレーシアと、まさに世界を股にかけて店舗網を広げてきた「世界の山ちゃん」。

創業は’81年。岐阜県武儀郡洞戸村(現・関市)出身の重雄さんが、名古屋市中区新栄にオープンした4坪13席の居酒屋「串かつ・やきとり 山ちゃん」がスタートだった。
以来、ピリ辛味の手羽先の唐揚げ「幻の手羽先」を名物に店舗を増やし、いまや国内外に75店舗を有する一大チェーンだが、岐阜県内にはいまだ出店できていなかった。その道半ばの59歳の若さで突如、重雄さんは帰らぬ人となってしまう。

2016年8月21日朝、別れは突然やってきた。

前夜、重雄さんは知り合いの宴会に顔を出し、9時すぎに、機嫌よく帰ってきた。
たまたま、その時間まで起きていた長男と、「いっしょに寝るか」と、床についた。
翌朝5時ごろ、重雄さんは、目覚めて、ひとり1階のリビングに降りたようだった。
「でも……そこで、主人は倒れちゃったみたいなんです」
久美さんは、そのとき2階の寝室でまだ眠っていた。
6時半に起きて、階下のリビングに下りてくると、重雄さんが横たわっている。
久美さんは明るく声をかけた。
「お父さん、自分で二度寝はダメって言ってたくせに、ダメじゃーん」
久美さんは、重雄さんが冗談で、寝たふりをしていると思っていたのだ。
しかし、返事がない。
近づいて、もう一度、声をかけ、「あれ?」と思った。
長年見慣れてきた夫の寝顔と、どこか違って見えた。
「え、え? お父さん、お父さん!」
母の絶叫に、子どもたちが起きてきた。救急車を呼び、心臓マッサージも続けたが、夫はピクリとも反応しない。
「病院に着いて、機械につながれても、死んでしまったとは思えなくて……」
午前7時54分。医師がおごそかに、「機械を外します。残念ですが……」と言った。死因は解離性大動脈瘤と診断された。

「そんなふうに言われても、私にはまだ信じられなくて」

前夜に飲みすぎたわけでもない。長居が嫌いで、二次会には行かない。飲んでも生ビールを中ジョッキで2杯まで。たばこは嫌い。定期的に健康診断を受け、持病もなかった。
「健康には本当に気をつかっていたのにね……。ごめんなさい。最近は泣かずに話せるようになってたんですけど、……私、泣き虫で……」
それから1年余り――。夫を失った悲しみも癒えぬまま、専業主婦だった久美さんは「世界の山ちゃん」を展開する株式会社エスワイフードの代表取締役社長に就任。約150人の社員と1500人弱のアルバイトスタッフを抱える企業のトップに立ち、社業とともに、夫の見果てぬ夢を引き継いできた。
「新体制になってからの国内1店舗目は、会長の生まれ故郷・岐阜にしたいと、残された社員、皆でそう決めていたんです」
涙をぬぐった久美さんは、気を取り直すように看板メニューの幻の手羽先をパクリと頬張り、おどけてみせた。

そしてもう一度、鳥男を見つめる。
「会長、なんて言ってるのかな。きっと『まだまだ、まだまだ』って言ってるんじゃないですかね」
山盛りの手羽先を前に、ピースサインを決める壁画の鳥男が、一瞬、久美さんにほほ笑みかけたように見えた。

女性自身より引用: https://jisin.jp/domestic/1623458/

 

いい記事書くよぉ~女性自身!

僕は感動しました。

 

僕の意思を継いで、僕の彼女もこのブログを継いでくれるとうれしいな!

・・・・感動話を台無しにしてしまいました。あちらこちらからパンチが飛んできそうです。

 

これからも「世界の山ちゃん」を全力で応援します!!