転職サイトとエージェントの違いは?未経験者でも分かるように解説します

転職
グラさん

転職サイト、転職エージェント・・・

よく聞くけど違いが良く分からない。

人に聞かれても違いを説明できない。

 

という方は、ぜひこの記事を読んで違いについて学んでください。

 

説明不要!早速登録したいという方はコチラ⇒【目的別】転職サイトと転職エージェントの比較一覧|業種別年収表も公開

 

 

転職サイトとエージェントの違いは?

違い

 

転職サイトと転職エージェントの一番の違いは、担当者がつくか、つかないかです。

 

転職サイトは自分でサイトを見ながら仕事を探していきます。

一方、転職エージェントは担当者が1人ついて、就職までのお手伝いをしてくれるのです。

 

どちらも無料で利用できます。

 

 

転職サイトのメリット・デメリット

メリット

では、転職サイトのメリット、デメリットについてお話します。

 

メリット

☑自分のペースで転職活動ができる

深夜でも転職サイトは利用できますし、

急に「転職活動やっぱりやめた!」というワガママ(?)なことも可能なのが転職サイトです。

 

自分のペースで仕事を探したい人には最適です。

 

 

☑たくさんの会社を比較しながら探すことができる

職種も選びたい放題です。

転職エージェントの場合、基本的には自分の分野の職種しか紹介されません。

 

「あの分野もいいな、この分野もいいな」ということは、転職エージェントでは許されませんが、転職サイトは自由に選択可能です。

 

たくさんの分野に興味のある人にとっては、いいですね。

 

 

☑職種を絞らずに探せる

上記と一緒で、職種を絞らずたくさんの会社を見れるのが、転職サイトです。

初めから絞って転職活動をしたくない人にとっては嬉しいですね。

 

 

デメリット

☑面接の日時調整、条件(給与など)交渉は自分でやる

面接の日時調整や給料面での調整は自分でやらなければいけません。

 

特に給料の交渉は、普通であれば言いづらいですよね。

エージェントの場合、そこを代わりにやってくれるのはありがたい限り。

転職サイトも代わりに交渉してくれたらどんなに楽になることか・・・。

 

 

☑事前に得られる情報が少ない

転職サイトは、サイト上に載っている情報のみです。

「この会社は、どういう人材が最近多く入社している」などの情報はありません。

 

広く浅い情報な転職サイト、狭く深い情報が転職エージェントという感じです。

 

転職サイトは気軽に利用できますが、必ずしも自分にマッチングしているとは限りません

嫁ちゃん
自分で会社を見つける能力の高い人は、転職サイトを利用しても成功すると思います

 

 

転職エージェントのメリット・デメリット

デメリット

では、転職サイトのメリット、デメリットについてお話します。

 

メリット

☑転職のプロがマンツーマンで対応してくれる

たくさんの人を仲介している転職のプロが、企業との間を取り持ってくれます。

 

マンツーマンで対応してくれるため、言いにくいことや悩みごとも気軽に伝えることができます。

 

 

☑最適な会社を探してくれる

自分の強みや得意分野に合った会社を探して紹介してくれます。

自分では気付かないような職種も、客観的な目で教えてくれるため、非常に助かるサービスです。

 

 

☑非公開求人を紹介してもらえる

企業側は「欲しい人材」だけを入社させたい思惑があり、広く募集するのではなく、エージェント側に求める人材を明確に伝えています。

 

そのため、確実に採用に繋がる超優良案件をゲットできる可能性も高いです。

 

 

☑各企業に応じた職務経歴書の書き方や面接の指導をしてくれる

会社紹介だけではなく、職務経歴書の書き方や添削などもしてくれるありがたいサービスです。

その会社に応じた面接対策なども情報があるため、良いアドバイスがもらえると思います。

 

 

☑面接の日時調整、条件交渉を代行してくれる

自分に代わって面倒な調整をやってくれるので助かります。

自分の都合のいい条件さえ提示してくれれば、あとはお任せ状態。

 

大リーグの交渉人みたいなものですね。

 

 

☑内定率が高い

エージェントも「この人なら採用される!」と思う人材でなければ、紹介しません。

そのため、確実に採用してもらえそうな会社を紹介する傾向があるようです。

 

 

☑自分の市場価値を知ることができる

転職エージェントでは、同年代の転職者を多数扱っています。

そのため、例えば「30代、男、金融業」の人のスペックがどの程度かのデータは持っています。

 

今の自分がどのくらいの市場価値がるのか知るためのツールとして、転職エージェントを利用するのもありですね。

 

 

デメリット

☑担当者のアタリハズレがある

担当者も人間なので、切れ者とそうじゃない人がいるのは事実です。

 

「ものすごいキレ者に担当してもらった」という意見もあれば、「担当者がショボかった」なんていう厳しい意見もあります。

当たりくじをひけばいいですが、ハズレを引いた際には地獄です。

 

そういう場合は、担当者を変えてもらうか別の転職エージェントに登録するかです。

 

 

☑応募先が絞られる

転職エージェント側も仕事(商売)であるため、無駄なことはしません。

 

「採用してもらえるかどうか?」という微妙な人よりも、「確実にこの人は採用してもらえる」という人に紹介したいものです。

だから自分にとっては無難な会社しか紹介されない場合もあります

 

さらに、採用された場合、年収の20~30%がエージェント側に入るため、仕事内容は無視して年収が多い会社を紹介してくる場合もあるため、注意が必要です。

 

 

☑異業種への紹介はほとんどない

転職サイトであれば、業種・職種を自由に選択できましたが、エージェントはあなたに合った職種に絞って紹介します。

 

そのため、「新しいことに挑戦したい」ということは、まず難しいです。

 

 

☑大手転職エージェントだと断られる場合がある

最近では、転職市場が活発になっているため、転職エージェントの質が上がっています

 

そのため、学歴・現職の状況・年収・スキル等で登録時にフィルターがかかってしまう場合があります。

人によっては「登録すらできない」という状況もあります。

 

 

まとめ

以上、転職サイトと転職エージェントの違いについて書きました。

まとめますと、以下の通りです。

【転職サイト】

☑ 自分のペースで活動できる

☑ 優良案件は自分で探すしかない

☑ 自分で段取り、交渉をしなければいけない

 

【転職エージェント】

☑ 内定率が高い

☑ 登録へのハードルが近年高くなっている

☑ ハズレの担当者に当たると地獄

 

転職サイト、転職エージェントそれぞれ2社くらいに登録してみるといいかなと思います。

あまり多すぎても対応しきれませんし、少なすぎてもリスクが高くなります。

 

自分に合ったほうを選択することが重要です!

 

【目的別】転職サイトと転職エージェントの比較一覧|業種別年収表も公開

2019.06.27

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です