美容

ラウリル硫酸ナトリウムは危険!?元分析員が安心のシャンプーを紹介します!

 

男にとって、シャンプーを選ぶ基準は何ですか?

 

僕ぽんすけ先輩(@ponsukesenpai)は、かつては女の子を惑わすニオイ重視でした(笑)

 

薄毛が気になるからスカルプ系、剛毛クセ毛だから保湿系など、フケ体質だから地肌しっとり系など・・・

それぞれの人の悩みに応じたシャンプーを選んでいると思います。

 

しかし、どの人にも共通して伝えたいこと・・・

それは、「体に害を及ぼすシャンプー」は絶対に避けて欲しいということ。

 

 

僕は前職で某分析機関で分析員として勤務しており、様々なシャンプーの分析を行ってきました。

 

そこで得た知識も活用しながら、本当に使っていいシャンプー、使ってはいけないシャンプーについてお伝えしたいと思います。

 

シャンプー難民の方、ぜひ参考にして下さい。

 

 

シャンプーの成分は危険!?

 

現在、市販されているシャンプーは、これらの成分を多く含んでいます。

・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸TEA
・ラウレス-3硫酸アンモニウム
・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム
・オレフィンスルホン酸
・パレスー3硫酸ナトリウム

 

そして、衝撃的な事実を言います。

これらの成分は、車の洗浄剤で使用されている成分です。

 

ぽんすけ先輩
ぽんすけ先輩
車の汚ねぇオイルやホコリを落とす洗浄剤で髪の毛を洗っていたのか!と思うとゾッとしますよね

 

 

ラウリル硫酸ナトリウムの正体

これらの成分の中で最も多く用いられ、最も洗浄力の強いのが「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは、石油系の界面活性剤であり、添加するととても泡立ちがよくなります。

 

シャンプーだけでなく、安い歯磨き粉にも入っており発泡剤の役割をしています。

 

 

しかし、一方で刺激が強く、毒性があるとも言われている成分。

頭皮が乾燥して毛穴も痛んでしまいます。

 

さらに、頭皮を守ってくれる皮膚常在菌を死滅させることにも繋がり、

その結果、抜け毛や薄毛、フケや痒みといった症状を引き起こす可能性もあるわけです。

 

 

また、もう1つのラウリル硫酸ナトリウムの特徴として、

成分を構成する分子がとても小さく、毛穴に入りこみやすいということが挙げられます。

 

毛穴の奥に入ってしまうと洗い流しにくいですよね?

 

その結果、肌の奥深くまで浸透してしまい、多くの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

 

実際にも世界中で大問題となりました。

 

 

代わりに登場したラウレス硫酸ナトリウム

「ラウリル硫酸ナトリウムが危険である」と世界中で大騒ぎになりました。

 

そこで、この問題を改善したものが「ラウレス硫酸ナトリウム」です。

 

洗浄力はそのまま、肌の奥深くに浸透しない構造に改善したのです。

 

ラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムに「ポリオキシエチレン基」というものを取りつけて分子を大きくし、肌への浸透を防止させたもの。

 

その結果、肌トラブルは改善されて、今や市販のシャンプーの代表的な洗浄成分となっています。

ラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムよりかはマシといった感じでしょうか。

 

ラウレス硫酸ナトリウムもラウリル硫酸ナトリウムも洗浄力はとても強く、脂分を取り過ぎてしまいます。

 

 

トリートメントによってごまかされている事実

Mr.X
Mr.X
でもさ、ラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムを含んでいるシャンプーを使っていても、別に髪の毛パサパサしないし、皮膚が干からびている感じもないけど?

 

そうなんです。

使用者はそう感じませんよね。

 

なぜなら、シャンプーに保湿成分やトリートメント成分が入っているから。

 

ガッツリ脂分を取られているのに、トリートメント成分の効果により一時的に滑らかな髪になっているだけ

 

それに気づいていないだけなのです。

 

髪・頭皮へのダメージがこんなに大きいのに何故この成分を入れたシャンプーを各メーカーは作ると思いますか?

 

それは、この成分が安価だからです。

実に単純な話ですね。

 

 

カラーリングをしたときも一緒です。

ラウレス硫酸ナトリウムの分子が、キューティクルを整えている成分(CMC)を落としていきます。

 

そうなると、キューティクルが開き その隙間からカラー剤の色素成分が抜け思っていたよりも早いスピードで色落ちしてしまいます。

 

髪の毛は一生付き合っていかなければいけません。

 

悪いシャンプーを選ぶと、のちのち苦しむことになります。

 

シャンプー選びはとても重要なのです。

 

 

シャンプーする意味

シャンプーをする意味分かりますか?

シャンプーの目的は「頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすため」です。

 

髪の毛を洗うものだと勘違いしている人が多いですが、頭皮を洗うためのシャンプーです。

髪の毛を洗うだけなら、水やお湯で十分。

 

髪の毛を泡だらけにし、頭皮をほとんど触らず、シャンプー洗いを完了していませんか?

 

こういう洗い方をしてるなら、今すぐやめて下さい。

 

 

頭皮の皮脂や汚れをきれいにしないと、想像のとおり髪の毛の毛穴詰まりが起こります。

 

髪の毛の毛穴詰まりが起こると、臭くなったり抜け毛の原因にとなりえます。

 

毛穴詰まりは確実に落とさなければならず、これは水やお湯ではきれいに落とせません。

 

そこで必要なのがシャンプーです。

 

シャンプーで頭皮の毛穴を洗い、髪にとっての良い環境を整えなければいけません。

シャンプーは「頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすため」であることをしっかり押さえてください。

 

大事なシャンプーですが、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムのように、洗浄力が強すぎるのもよくありません。

 

 

強力な洗浄力のシャンプーを使い続けるとどうなるか?

頭皮を洗うためのシャンプーですが、少ない量でキレイにしてくれたら誰だってうれしいですよね。

 

シャンプー使用量も節約できるし、洗う時間も短縮できます。

 

でも考えてみてください。

 

強力な洗浄剤だから少ない量かつ短時間で洗うことができるのです。

 

こんな強力な洗浄力のシャンプーを使い続けるとどうなるか?

 

 

体の内部への浸透

無数にある毛穴から体内に取り込まれていきます。

1回だけならまだしも、シャンプーのように頻度が高いと、体への影響はとても大きいです。

 

アレルギーが出たり、重症な炎症にもつながりかねません。

 

 

取らなくてもいい皮脂を取り除く

皮脂には、取らなければいけない脂と取ってはいけない脂があります。

取ってはいけない脂というのは、潤いを保つための脂です。

 

この脂を取ってしまうと、乾燥肌・肌荒れ・フケの異常発生・パサパサ髪につながります。

 

毛根へのダメージ

毛穴に化学物質が入る、体にとって良い脂までとってしまう・・・。

これを繰り返すと毛根が通常の活動をしなくなります。

 

その結果、髪の毛は生育できなくなり抜け毛にも繋がります。

 

たかがシャンプー、されどシャンプーです。

 

シャンプーの選び方を間違えてしまうと、取り返しのつかないことになりますよ。

 

 

洗浄剤の正体

シャンプーも石鹸も洗濯用洗剤も、「界面活性剤」と呼ばれる成分でできています

これが洗浄剤の正体、そっしてシャンプーの主成分です。

 

界面活性剤というのは、水と油という本来仲の悪いものを取り持ち、合体させるものです。

 

優秀な界面活性剤ですが、肌や髪の毛にとって必要な脂分まで取ってしまうため、少なからず影響を及ぼします。

 

「無添加」とか「合成剤なし」とかうたわれているシャンプーや石鹸も同じです。

 

そのためにケアするトリートメントとかハンドクリームが存在するわけです。

 

界面活性剤は優秀な反面、体にも影響があることは覚えておいて下さい。

 

この話をすると、「じゃあ、髪は洗わねぇよ」なんていう輩(ヤカラ)もいます。

ぽんすけ先輩
ぽんすけ先輩
髪の毛洗わないと、臭いけどいいのか?って話。
嫁ちゃん
嫁ちゃん
女の子にモテなくてもいいなら、どうぞ!

 

頭皮を清潔にしないと、毛穴詰まりが起こり抜け毛にも影響します。

 

やはり洗うこと、つまり面活性剤入りのシャンプーで洗うことは必要不可欠なのです。

 

いかに体への影響を最小限にする界面活性剤(シャンプー)を選ぶのかが大事になります。

 

 

安全なシャンプーの選び方

ここまで説明した通り、シャンプー選びで大事なのは「洗浄力」です。

 

もともとの洗浄剤成分は「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」です。

 

そして、数年前は「ノンシリコン」であることが良いシャンプーの条件でした。

 

でも・・・今どきシリコンなんて使っているシャンプーなんて無いですよ。

シリコン入っているなんて昭和です、昭和!

 

「ノンシリコン商品」なんて当たり前なので、これがパッケージに書かれているだけで安心して買わないで下さい。

 

では、何を見て判断すればいいのか?

それは・・・成分表に書かれている「洗浄剤」が何かということです。

 

 

成分表は、含有量の多い順に書かれています。

 

シャンプーの成分は、最も「水」が多いので、見るべきはその次の成分です。

その成分が洗浄剤に該当します。

 

 

良いシャンプーの洗浄剤の成分

良いシャンプーの成分を挙げます。

 

これらが入っていれば「良いシャンプー」と言い切るには強引な感じもしますが、ある程度の目安となりますので参考にして下さい。

・ココイルメチルタウリンナトリウム
・ココイルメチルタウリンタウリンナトリウム
・ラウロイルメチルタウリン(加水分解)ナトリウム
・ココイル加水分解カリウム
・コカミドプロピルベタイン
・ラウロイルメチルアラニンナトリウム
・ココイルメチルアラニンナトリウム
・ココイルグルタミン酸ナトリウム
・ラウロイルグルタミン酸ナトリウム
・ココイル加水分解コラーゲンナトリウム
・ラウロイルシルクアミノ酸ナトリウム

 

○○タウリン、○○アラニン、○○グルタミン酸ナトリウムという名前のものです。

 

ラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムと比較すると、肌への刺激は断然低いです。

 

 

これらの成分は、適度な泡立ち(成分によっては泡立ちが弱い)で泡切れも良く、きしみも少ないのが特徴です。

 

 

特に、ココイル加水分解コラーゲンナトリウム・ラウロイルシルクアミノ酸ナトリウムは、洗浄目的の界面活性剤にダメージの補修性も持たせた成分です。

 

洗浄剤の中でも特にクオリティが高く、非常に優秀です。

ダメージヘアやカラーリングしたヘアに最もおすすめの成分です。

 

ただ、良い成分となると値段が跳ね上がります。

でも、それは仕方の無いこと!

 

ドラッグストアに売っている1本500円未満の格安シャンプーの成分が悪いのであれば、それは納得できる話です。

ぽんすけ先輩
ぽんすけ先輩
安いからそんなもんか・・・ってことです

 

しかし、1本2000円もするシャンプーに最悪の成分が配合されてると「ふざけるな」って話ですよね。

嫁ちゃん
嫁ちゃん
詐欺!!

 

シャンプー選びは、気を付けた方がいいです。

 

ほとんどの人たちが、髪の毛にとって悪いシャンプーを選んでいる事実に僕は愕然としています。

 

効果を期待して買ったシャンプーが、実は逆効果だったなんてことはあってはいけません。

 

 

でも「何を選んだらいいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のために、おすすめのシャンプーについて別記事で書きました。

メンズの髪の毛の悩み別 ぜひ使ってもらいたい おすすめシャンプー6選こんにちは。 ぽんすけ先輩です。 前回の記事では、シャンプー選びの方法を解説しました。 ⇒シャンプー選びのHOW ...
ハゲたくない!薄毛予防したい人が使うべきヘアケア製品5選こんにちは。 ぽんすけ先輩です。 「まだハゲてはないけど、そろそろ髪の毛を心配した方がいいのでは?」という男性におすすめした...
ボタニストとバイタリズムってどちらを選ぶべき?口コミ比較と実際に使ってみて分かったことこんにちは。 ぽんすけ先輩です。 以前の記事で、シャンプー選びの方法やおすすめのシャンプーについて書きました。 [asid...

 

特に僕のおすすめは、「バイタリズム」と「ルメント」です。

併用して使うのが、最もおすすめです!

 

詳細は上記記事にて書いていますので、良かったらご覧ください。

 

 

ではサヨナラ。