働くこと

【書評】ワン・シングの感想|1点集中は成功者の哲学だった!

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

2014年ビジネス書ベストセラーの「ワン・シング」を読みました。

タイトルのごとく、シンプルな内容の良書でしたので、内容と感想をまとめます。

あれこれ忙しくて手が回らないという人に、ぜひ読んでもらいたいです。

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 [ ゲアリー・ケラー ]

created by Rinker

 

ワン・シングの感想

著者はこんな人

「ワン・シング」の著者は、ゲアリー・ケラーさんです。

全米最大の不動産会社ケラー・ウィリアムズの設立者です。

現在は、ビジネス・コーチとしても活躍されているそうです。

 

この本が作られたきっかけ

ゲアリー・ケラーさんは、会社を設立して10年経ったころ、国外への展開を視野に入れて進めていましたがやることが多すぎて混乱していました。

追い詰められたゲアリー・ケラーさんは、あるコンサルタントに助けを求めたそうです。

 

そして、そのコンサルタントからの指示は

「やるべきことは一つ」

と・・・ある一つのことを指示されたそうです。

 

初めは抵抗したゲアリー・ケラーさん。

しかし実行してみると業績は40%アップ!

 

この体験をきっかけにゲアリー・ケラーさんは、「目覚ましい成果は、どれほど的をしぼれるかによって決まる」ということに気づきました。

この本では、自らの成功体験をもとに、あれもこれもと忙しい人へ「やるべき仕事の見つけ方」「集中の仕方」を伝えてくれています。

 

感想

もっと難しい理念が書いてあるのかと思いましたが、身近な例を取り上げてくれており、非常に読みやすい本でした。

1つのことを明確にし、その1つにとことん集中する。

これが成功に必要なステップであることが書かれていました。

内容自体は、他のビジネス書でも書かれている内容が多いのですが非常にシンプルにまとめられており読みやすい本です。

 

読書好きならば、数時間でサクッと読めてしまう本。

読書初心者でも数日で読めてしまいます!

仕事がいっぱいいっぱいで「どうしたらいいのかわからない」という方は、読んでみると頭の整理になっていいと思います!

 

世の中に広まる6つの嘘

著者は、世の中に広まっている「成功理論」たちが間違いであることを指摘しています。

あまりにも多くのことを受け入れてしまい、「1つのこと」に集中できなくなる

 

成功を妨げる6つのことを挙げています。

[box class=”black_box” title=”成功を妨げる6つの嘘”]

①すべてのことは等しく重要
②マルチタスクは効率的
③規則正しい生活が必要
④意思の力は常に万全
⑤バランスのとれた生活が肝心
⑥大きいことは悪いこと

[/box]

 

①すべてのことは等しく重要

・成功者ははっきりした優先順位に基づいて働く

・重要な少数の中のさらに重要な少数を見つける

 

せっせと仕事をするのではなく、たった一つの重要なことに一日をささげることが重要と述べています。

あれこれやりたいことがあっても、重要なのはたったの1つだけということですね。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]そうなると、TODOリストも不要ですよね![/voice]

[kanren postid=”2627″]

 

②マルチタスクは効率的

・「マルチタスクは効率的」というのは嘘

・脳は分割すればするほど時間がかかり、効率は落ちる

 

2009年、スタンフォード大学がマルチタスクの効果について研究をしました。

マルチタスクをこなしたグループと、こなしていないグループに分かれ、どちらが良い結果を出すかの調査です。

結果、マルチタスクをこなしたグループの方が成績が悪いという驚きの結果が出ました。

理由は、関係ないことに気が向いてしまい全てで能力以上の結果が出せなかったそうなのです。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]運転中、ながら読書をしていますが、部屋で読書をしている時より頭に残りません。
これも、運転+読書のマルチタスクをしているせいなのですかね?[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]ながら学習も見直した方がよさそうだね[/voice]

 

③規則正しい生活が必要

・適切な習慣を身につければ、他のことではそれほど自分を律する必要はない

・新しい習慣を身につけるには66日必要

・正しい習慣を身につけた人が他の人よりもうまくいっている

 

元オリンピック選手のマイケル・フェルプスはADHDでしたが、水泳だけには集中して取り組めたそうです。

365日、毎日6時間は水の中で練習していたそうです。

このように、1つの規律に全力を注ぎ習慣化した成果が、3大会のオリンピックで18個もの金メダルを獲れたという結果に結びついたといえますね

 

また、2009年ロンドン大学で「新しい習慣を身につけるにはどのくらいの日時を要するか」という調査が行われました。

その結果が平均66日必要だったということです。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]僕の習慣は、ブログ!すでに66日以上継続中!ブログ書かないと落ち着かない(笑)[/voice]

 

④意思の力は常に万全

・意思の力も使われるたびに消費され、減っていく

・頭を使えば使うほど考える力は弱まる

・意思の力が低下しないうちに、最も重要な「1つのこと」をやってしまう

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]意思が弱いとか言われるけど、意思の力なんて誰にでも弱まるってこと!意思が弱いのではない。意思の力が高い時に実行しなかっただけ。要はタイミング![/voice]

 

⑤バランスのとれた生活が肝心

・目覚ましい成果を手にするには、最も重要なことを見極め、それに必要なだけの時間をつぎ込まなければならない。そのためには、他の仕事をする時間は大幅に削らざるをえない

・優先順位に従って行動すれば、必然的にバランスを欠き、1つのことに多くの時間を費やすことになる

 

「バランスのとれた生活は、誰もが夢見る一種の理想だが、現実には存在しない」と著者は言います。

やるべきことは、目的・意味・意義を考えること。

何のためにやってるのか、何のためにここにいるのかその意味をその都度自分に問いかけるといいですね!

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]ブログのために、余分な仕事は削る努力をします![/voice]

 

⑥大きいことは悪いこと

・大きな問題、大きなリスク・・・「大きい」ということをネガティブに捉えがちだが、大小と善悪は本質的に関係ない

・大成功の出発点は、大きく考え、それによって得られた情報をもとに行動を起こすこと

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]一点集中というけれど、情報に関しては大きく広く拾うことが大事ということですね![/voice]

 

 

目覚ましい成果は、目覚ましい成果の上にのみ築かれるわけではない。失敗の上にも築かれるのだ。

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]この言葉で自分を責めずにすみます。失敗してもいいんだって思えて気持ちが楽になりますね[/voice]

 

 

成功者の集中

【アンドリュー・カーネギーの言葉】

ビジネスで成功したければ1つにかけて、そこに全てのエネルギーを注ぎ、最新の注意を払うべき

【マーク・トウェインの言葉】

成功する秘訣は、まず始めること。始めるための秘訣は、複雑で大変な仕事を扱いやすいように小分けし、それから最初の1つに取りかかること

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]偉人2人とも同じようなこと言っている!1点集中って相当大事ってことがわかりました!![/voice]

 

成果

目的に基づいた幸福

・目的によって優先事項が決まり、優先事項によって生産性が決まる

・幸福は達成への途上で生じる

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]目的を明確にすることで実行できる。そして、達成への途上で幸福を感じる。すべてポジティブな感情なので、僕はこの考え方が好きです![/voice]

 

目標設定の方法

1つの目標を時間をかけて次の目標にどのようにつなげるべきかについての心の訓練であり、それによって、まさに「今現在」しなければならない最も重要なことがわかってくる

 

この図が、目標設定の例です。

 

将来の目標→5年先の目標→1年先の目標→1か月先の目標→1週間の目標→1日の目標→今現在やるべきことは何か?

という風に明確に設定していくわけです。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]こんなに細かく目標を立てたことない!早速やってみる[/voice]

 

成功するための時間管理

・1つの活動が他をしのぐ成果をもたらすなら、それに他をしのぐ時間を割かなければならない

・休息は労働と同じくらい重要

・やるべきことは1日のうちのできるだけ早い時間帯を割り当てる

・1日に4時間を割り当てる

 

これら4つのことは、他のビジネス書にもよく書かれている内容です。

つまり、たくさんの成功者が同じことを言っているということは、それだけ重要であるということなのです。

 

生産性を奪う4人の泥棒

先ほど説明した通り、人を惑わす「6つの嘘」があります。

一方で、生産性を奪う4人の泥棒がいると著者は述べています。

①「ノー」が言えない

②混乱を恐れる

③不健康な習慣

④後押ししてくれない環境

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]集中するために、人・環境を整えるべきなのは痛感しています。
僕もブログを書き始めてからは、人との付き合いを制限し環境を整えています。
その成果も出ていると実感しています![/voice]

 

以上、「ワン・シング」についての内容解説と感想を書きました。

まず目的を明確にし、「1つのこと」をはっきりさせる。そして、その「1つのこと」にとことん取り組む。

とてもシンプルですね。

これが成功への近道だと思います。

さあ、まずは目的をはっきりさせるところから始めましょう!