ニャチャンのホテルに泊まるなら絶対にここ!

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

友人や同僚が誰も足を踏み入れたことのないリゾートに行ってみたくないですか?

ハワイやバリ島といった超有名リゾートも良いのですが、「え?どこ?」って聞き返されてしまうようなマイナーリゾートこそ今すぐ行くべきです。

 

日本人にとっては穴場的なリゾートなので訪れる日本人はあまり多くなく、日常の世界からより離れることができます。

それに人との会話で最強のネタになりますし、貴重な経験話ができるのではないでしょうか。

更に今後大きく発展するリゾートになるかもしれないので、あまり知られていない頃に行けば、格安でホテルに滞在できたりします。

 

そこで今回はベトナム ニャチャンを紹介します。

言いにくいですね…「ニャチャン」。

 

ニャチャンは観光地としてはまだ発展途上ですので、満足するホテルを選ばないとつまらない旅になってしまいます。

 

長期休みを利用してニャチャン滞在し、数々のホテルを巡ってきました。

リゾートとしても非現実性、コストパフォーマンス、サービスなどの観点で、僕がおすすめするホテル3つを挙げます。

 

ぜひ最後までお読みください。

ニャチャンとは?

ニャチャンは、ベトナム南部、海岸沿いのリゾート都市です。

ストリートの遊歩道沿いにゆったりとカーブして伸びるビーチが特徴的で、シーフード レストランがとても充実しています。

ニャチャンはイカが有名なので、新鮮なイカが安価でお腹いっぱい食べることができますよ。

 

ニャチャンの観光地

はっきり言ってニャチャンは観光地といえる名所が少ないです。

とはいえ、いくつか代表的な場所があるので簡単に挙げておきます。

①ニャチャン大聖堂

ニャチャン駅のすぐ目の前にあるニャチャン大聖堂は、1934年に建てられ、今でも現役で使われている教会です。

最も注目すべき点は、ステンドグラスです。

でもこのステンドグラスは内部を開放していないと見れないませんし、当然ミサ中は中には入れないので注意が必要!

開放日およびミサを外した時間帯での見学をおすすめします。

 

②ポー・ナガル塔

ポー・ナガルとは女神の名前で、この遺跡を築いたチャンパ王国という国の民が崇拝していた神のことです。

チャンパ王国というのは、2~19世紀にこの地を治めていた国で、隣国のカンボジア軍の侵攻を受けていました。

カンボジアの世界遺産アンコールワットには、チャンパの兵士が描かれています。(アンコールワットに行かれる方はぜひ見てみて下さい)

 

たくさん他の国と戦ってきたチャンパ王国の民は、神を祀る聖堂をいくつか建てました。

このポー・ナガル塔はその一部。

建立は8~13世紀と言われています。

 

小高い丘を登ったところに遺跡があるので体力に自信のない人はしんどいかもしれませんが、丘の上から見る街の景色は見事です。

 

③タップバーホットスプリングセンター

タップバーホットスプリングセンターは、泥温泉に入ることができる有名な温泉です。

地元の人も通うくらいの人気のある場所ですが、意外と入浴はのんびりできます。

一人でひとつの浴槽(石でできている)に入ることも可能ですよ。

ミネラル豊富なので体が浮きます!泥は若干くさいかも(笑)

泥温泉だけではなく普通のお湯(プール)にも入って楽しむことができます。

食事もできるレストランも入っているので一日中過ごせるかも。

これで1000円以内の値段というから驚きです!ベトナムバンザイ!!

 

④ヴィンパールランド

ニャチャン対岸の離れ小島チェー島という島が、丸ごとアミューズメントパークになっています。

これが、ヴィンパールランドです。

島ごとアミューズメントパークにするっていうのがすごい発想ですね。

ヴィンパールランドについて、ツッコミどころがいっぱいでしたので少し語らせてください!

 

ヴィンパールランドには、遊園地・水族館・プール・レストランがあります。

そしてなぜか動物のショーもあります。何でもありですね。

この島にはヴィンパールランドのほかに、後から書きますが「ヴィンパールリゾートニャチャン」というホテルもあります。

僕はヴィンパールリゾートニャチャンに泊まったので、ヴィンパールランドには無料で入ることができした。

宿泊中は何度でも入場は可能です。

 

ヴィンパールランドのアトラクションは、地方の遊園地を想像してくれたらいいと思います。

しかし、作りが大胆というか雑というか・・・絶叫マシンが本当の絶叫になりそうスリルが何度もありました。

「ガタガタ」となってはいけないところがガタガタなったり、レールの上にかろうじてのっているような不安定さがあったり・・・。

こんな感じのスリルを楽しむことができました。

 

水族館も規模はとても小さいですが、ゴーグルをつけた人魚がいますよ(笑)

ツッコミどころが満載のヴィンパールランドです。

宿泊中は何度でも無料で入場可能とありますが、僕は1日で十分です(笑)!

アクセス方法は、ニャチャン市街地からタクシーで10分程度南下すると港があります。ここでタクシーはおります。

そしたらケーブルカー乗り場に行ってください。10分くらい乗りますので、十分ラブラブする時間はありますよ(笑)

 

 

おすすめのホテル

さあ!ニャチャンという場所を知ったところで、本題のホテルにいきましょう。

やはりニャチャンではホテルでのリゾートライフを味わうべきだと思います。それも格安に・・・。バリ島やプーケットでは、同じようなホテルでもニャチャンの2~3倍は高いです。

まだマイナーであまり知られていないという点をいかして、格安料金で泊まりましょう!

 

シックスセンシズ・ニンヴァン・ベイ

ニャチャンで一番の高級リゾートホテルです。

このホテルに行くには、専用の船着き場からスピードボートに乗っていきます。

客室は全てヴィラタイプであり、最も印象的なのがバスルームです。バスルームは自然と一体化しており、まるで森の中で入浴している感じになります。

森林浴とはまさにこのことかもしれません(笑)

シックスセンシズ・ニンヴァン・ベイは、日本の数々の雑誌にも取り上げられていますので今後も日本人の訪問が増えてくると予想されています。

トラベラーズワールドアワードという章でモストビューティフルリゾートTOP10に選ばれたことがあります。世界中の旅行者の注目のひとつといえるでしょう。

また、スパではシックスセンシズスパを堪能できます。このスパも受賞歴があるという情報を聞きました。残念ながら僕は体験しなかったのですが、口コミを見る限り「自然と一体になって心地よかった」「こんなに不思議な気持ちよさは初めて」など高評価でした。

 

客室であるヴィラには、日光浴のための専用デッキとプールがあります。

自然に囲まれた空間でプールに入ったりデッキで読書をしたり、海リゾートとはまた別のリゾート感を体験することができます。

小さい船着場から出発し、海の中の森に入る、まるで自分だけの「隠れ家」に来たかのような感じになるホテルです。

価格も一室約75,000~と高いですが、一度は泊まると良いホテルだと思います。

自分へのご褒美にいかがでしょうか??

エヴァソン・アナ・マンダラ

ニャチャン唯一のオンザビーチホテルです。

こちらも全て(18棟)ヴィラタイプとなっています。

このホテルの魅力は市街地に近いにも関わらずとても静かな空間が保たれていることです。

アジア特有の雑踏の中にたたずむリゾートホテルが良い意味でアンマッチです。

更に道路を渡らなくてもホテルから出ればそこはビーチになっています。なんてったってオンザビーチですから!

ホテルから見る朝日や夕日が非常にきれいで、ロマンチックな気分になります。マンネリカップルは行くといいですよ。

 

なんて冗談です。

アツアツカップルもぜひ行ってください!

 

ヴィンパール・ラグジュアリー・ニャチャン

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンは、先ほども登場したヴィンパールランドがあるチェー島にあります。

このホテルにいくのは、シックスセンシズ同様、専用の船着場から向かいます。豪華な船ですが、ヴィンパールランドに行く客とも同乗しますので、やや騒がしいです。ただ、ヴィンパールランドに行く人はケーブルカーよりも高い値段を払って乗っており、タダ乗りしている僕たちが文句を言えた話ではないんですけどね(笑)

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの最大の売りは、3000平米のプールです。

そして、部屋にプールが付いているにも関わらず宿泊料金が低く設定されていることです。バリ島で同じタイプのホテルを探そうと思うと、倍の値段になると思います。

プールはとても広いので、溺れてても気づかれないかもしれません(笑)僕が行った時は、3000平米の広さがあるにも関わらず、プールサイドにいたのはカップルが4組程度。

完全にプライベートビックプール状態でした。彼女とラブラブしてても人目を気にする必要は全くありませんでした!こんなプール初めてです。

だからこのホテルで僕たちは、部屋のプールでイチャイチャ、ホテルのプールでイチャイチャ…(笑)

 

…失礼しました。

 

まだまだサービスの質とかは他の一流リゾートホテルに比べて満足とまではいきませんが、頑張っている姿勢はとても感じるホテルです。

これから伸びていきそうなホテルだと思います。僕は、自分だけの秘密にしておきたいホテルのひとつになっています。

ぜひ一度体験みてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です