西野亮廣「新世界」|口コミでは賛否両論!

新世界

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さん著である「新世界」を今さらながら読みました。

実は、西野氏の本は今回初めて。

 

「革命のファンファーレ」や「魔法のコンパス」などのヒット作が出ていたのは、ずっと気にはなっていたのですが、「買う」までには至らなかった僕。

ごめんなさい、「あぁ、西野の本?」なんて感じに偉そうに後回しにしていました。
嫁ちゃん
懺悔して!!

 

この本ですが、アマゾンの口コミを見ると高評価と低評価が混ざっているんですよ。

一体どんな感じだったのか、かいつまんで紹介します。

新世界 [ 西野 亮廣 ]

created by Rinker

 

口コミでは賛否両論!

高評価の意見

困っている人を助けたい時、きっとチカラになってくれる本です。

 

西野亮廣さんは芸人でありながらも、全く違う分野で活躍されているのは知っていたが
胡散臭いとか金の猛者という印象でしかなかった。そんなワタクシ個人が持つイメージが
完全に払拭されました。西野さん申し訳ありませんでした。

 

最後で一気に泣きました。泣
西野さんの本は、すべてご自身で体現されてる言葉ばかりなので、具体的にどう動いたらいいっていう『例』がなくても、勝手にピン!ときて自分の人生に落とし込めるのが凄い。すべて受け取れます。1500円ほどでここまで受け取れる時代になったのが素晴らしいし、これを人生に活かさないとなと思います。西野さん大好きですー♡

 

西野さん大好きですー♡ だって!!
嫁ちゃん
笑うところじゃない!ちゃんと解説しなさい!!

 

高評価をつけた人たちは、西野氏に抱いていたイメージを見事に裏切られ、「すげぇヤツじゃん!」と大絶賛です。

確かに、努力の人、鋭い視点を持つ人、感性が人と違うことが本から伝わってきます!

初めてビジネス書を読む人、かつて冷ややかな目で西野氏を見ていた人にとっては、意外性もあり、ひき込まれる内容だと思います。

 

低評価の意見

西野さんのことは好きです。
活動も素晴らしい。
でもここに書いてある内容は「はじめに」のところ以外、ブログやSNSですでに出ている話が多く驚きも新鮮味もない。
「武器」といっているけど、紹介されている方法で無名人が生き抜いていけるには、あまりにもノウハウも具体的ではないし実績も少なすぎる。

 

本屋で絶賛売り出し中ということで立ち読みしましたが、結局これはオンラインサロンへの誘導書。まさに専門分野を持たない近年の意識高い系層に向けた刺さるフレーズを並べただけのブランディング書です。

 

以前「革命のファンファーレ」を読んでおもしろかったので、本書も購入してみたのですが、西野氏が従来言っていることと大して違わないように感じました。

西野氏のことをよく知らない人には良いのかもしれませんが、彼の考えをある程度知っている人にとっては、本書を買う必要性はあまりないと思います。

 

う~ん、みなさん厳しい意見ですね・・・
嫁ちゃん
まぁ、こういう評価は何にでも付けられるものかなぁ

 

僕は「革命のファンファーレ」や「魔法のコンパス」を読んだことないので、比較はできませんが、「新世界」より評判が良いので早速購入し読んでみようと思います!

 

では、ここからは「新世界」を読んで僕の心に残った内容について書き留めておきます。

 

お金よりも信用

これまで僕らは、労働の対価としてお金を受け取ってきたけど、ホームレス小谷は、お金を受け取ること(お金を稼ぐこと)を放棄してその代わりに信用を稼ぎ続けた

ホームレスの小谷さんという方は、「1日50円でなんでもします」と仕事を募り、人々の信用を獲得していったと言います。

今までは、企業などの組織で「信用」を獲得していましたが、今後個人の信用でお金を生み出すことが可能であるということです。

小谷さんの「とりあえずやってみる」精神には感銘を受けました

 

 

貯金ではなく貯信

お金を銀行に何年も寝かせておくぐらいなら、そのお金を使って、一人でも多くの人を笑顔にして信用を稼いでおいた方がいい

 

確かにその通りですかね。でもビビりな僕は、3ヶ月くらいの生活費くらいは貯金しておきたい(笑)
嫁ちゃん
でもさ、どんなことにお金を使ったら、笑顔になってもらえるかって難しいね
ちゃんと考えないといけない課題だね

 

つまらない仕事では信用は作れない

会社に所属してしまうと、会社の事情で、場合によっては面白くないことに参加しなければいけなくなって、信用を落としてしまう

 

西野さんのサロンに入っている方は、フリーランスの方が多いようです。

この言葉は、フリーランスの方が言っていたそうです。

 

やりたくもない仕事をやっていることにファンが絶望感を抱くのか、それとも本来やらないといけないことが置き去りになってしまうからなのか分かりませんが、「信用を落とす」という表現をしています。

結局、つまらない仕事をしていたら信用は積み上げれないということです!

 

以上、「新世界」について書きました。

賛否両論はありますが、冒頭から読者を惹き込む語りで誘導する上手さがあり、この本から刺激をもらう人もいるはずです。

特に若い世代には、受け入れやすく共感も持てる良書だと思います。

途中のサロンの話の部分は、半分くらいの内容でよかったかなぁと思いますが(笑)

新世界 [ 西野 亮廣 ]

created by Rinker

 

こちらの本、僕は早速購入しました!

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]

created by Rinker

魔法のコンパス 道なき道の歩き方 [ 西野 亮廣 ]

created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です