「聞く力」を高めるだけで今よりも2倍 女性からモテるようになる理由

こんにちは。

ぽんすけ先輩です。

モテる男に共通すること、それは「聞く力」の能力が圧倒的に高いことです。

顔が良くないのになぜかモテる、そんなに面白いことを言えるヤツじゃないのになぜかモテる。そんな男があなたの周りにいませんか?

今回は「女性の話を聞くこと」に特化し、モテる男とモテない男の特徴を比較します。そして、モテるために具体的に何を実行すれば良いのかについて書きたいと思います。

 

モテない男が足りない「聞く力」

以前の僕の記事でも取り上げていますが、女性にモテるためには「聞く力」が必要です。

イケメンになりたければイケメンの特徴を理解して努力すること

2018.08.08

「簡単じゃん。女の話を聞いていればいいんだろ?」と思われた方、今一度考えてみてください。

本当に貴方は、女性の話を聞いていますか?なんだか気づくと「自分は・・・」「自分は・・・」なんてペースになっていませんか?

もしくは「ふーん・・・」「へぇ・・・」「そうなんだね・・・」 こんなつまらない返答をしていませんか?

これでは女性にモテることは100%ありません。合コンでも1時間後には女子から背中を向けられますし、職場でも全く相手にされない存在になります。例え好きな女性がいたとしても振り向いてもらえることはないでしょう。

日本の男は、本当に女性の話を聞くのが下手クソです。

男は元来、自分の力を誇示したい生き物なので、いかに自分を強くみせるかを考えています。その結果、女性からしたらどうでもいいような自分の自慢話(武勇伝)を平気でしてしまいます。相手がウンザリしているのにも気づかずにです。困ったものですねぇ(笑)

これでは一向にモテません。

ここまで読んでいて、少しでも身に覚えのある方は、ここから先の内容を頭に叩き込んで今すぐ改善して下さい。

 

女性が求める聞く力とは?


女性は意見が欲しくて話しているのではありません。意見が欲しければ「どう思う?」「どうしたらいいと思う?」とたいていは聞いてきます。

女性というのはまだまだ社会的にも弱い立場であり、理不尽な事が多い世の中でも懸命に生きています。

職場でも私生活でもいちいち人間関係に悩まされ、男から見たら本当に複雑で気の毒になるほどです。

そんな状態で話してきてくれるのに「○○したらいい」とか「○○するべき」なんて言葉は、ご法度です。客観的にみたらムカつきますよね?そんな言葉言われたら普通にイラっとしません?

①相手の立場になって考える

小学生の頃から教えられてきたごく当たり前のことです。

要は「思いやりを持て」です。

「自分が彼女の立場だったらどうか?」というのを考えてみてください。

例えば、あなたとの会話の中で彼女が「女友達に言われた一言にショックを受けた」と話してきたとします。

「そんなことで悩むことなくね?」と思うかもしれません。でもそこで一呼吸・・・。

その時の彼女の状況や精神状態、女友達の言い方、彼女にとっての女友達の存在とは?など考えられること全てを想像してみてください。

そうしたらたやすく「そんなことで悩むことなくね?」なんて言えないと思います。

「女友達は、そんな強い言い方をしなくても良かったのではないか?」とか「なぜそんな言い方をしたんだろう?」とか彼女の立場になって考える事ができると思います。

このように、まずは彼女がなぜそのことで悩んでいるのか相手の立場になって考えてみることがまずは必要です。自分がそうされたら(そういうことを言われたら)どう思うのか?置き換えて考えると良いと思います。

これも大事な「思いやり精神」になります。

といっても男と女は違うので、女性の気持ちを完全に理解することは困難だと思います。

男の単純な脳ミソと女性の複雑な脳ミソは根本的に違うので、女性が気にすることが男には理解不能なことがあります。

「そんなん、どうでもいいじゃん」なんて言った際には全てが終わります。

彼女の心を察すること、パターンを読むことはモテるいい男になるための必須能力ですので、「相手の立場になって考える」という当たり前のことを念頭に置き精進して下さい。

②目を見て真剣に聞いている姿勢を見せる

マンネリ夫婦の夫にありがちなのが、新聞を読みながら妻の話を「ふ~ん」と聞く。これは自分の育った家庭やドラマでも見かける光景ではないでしょうか?

仕方ないんですよ。男って1つのことに集中したら他のことは手につかない、目に入らない、耳にも入らないんですから。

でもこれってとても失礼ですよね?女性は話を聞いてもらいから話しているのであって、話したいから話しているのではないんです。それは男も一緒です。聞いて欲しいから話しているんです。

「話している人の目を見ること」これも小さい頃、親や学校の先生から教えられませんでしたか?僕は厳しい運動部に在籍していましたので、先生や先輩が話しているときは目を見る、絶対に反らすなという教えを受けました。目を反らしたらボッコボコの世界です。

だから僕は目をしっかり見るクセはできています。狙った女性と話す場合は絶対に目を反らしませんよ(笑)

怖い目でジーっと見ろとは言っていません。「ちゃんと聞いているよ」という意思が伝わる見方をすればいいのです。

③あいづちを打つ

しっかり目を見て話を聞くことができたら、次はあいづちです。

「あいづち」をうたないと話をしている相手は「本当に聞いているんだろうか?」「何考えてる?」と不安になります。

あいづちは少し大げさかな?と思う方が女性にはちょうど良かったりもしますので、不慣れな人は自分が思うよりも2倍のテンションや仕草であいづちをうってください。

彼女が面白い話をすれば、手をたたいて「超ウケる!」「やばい、面白い!」なんて大笑いして言ってあげるのもいいです。

愚痴を言っている場合は、深く何度も「うん、うん」とうなずいて聞くことが必要です。

これだけで彼女はすごく親近感を持ってくれますし、「もっと話したい」と思ってくれます。

そしたら彼女はあなたには何でも話すようになり、「何でもはなせる特別な存在」になってくることは間違いありません。

④適切な言葉を返す

これがモテない男にとっては、非常に難しいところなんですけど、実はすごく簡単です。

さきほどのあいづちの所でも書きましたが、彼女が面白い話をすれば、「超ウケる!」「やばい、面白い!」という言葉がストレートで失敗も無くていいですね。面白い話であれば、そんなに間違ったことは男は言わないはずです。

でも、モテる男とモテない男では彼女の愚痴や悩みの時の返す言葉に差が出てきます。

彼女の愚痴、悩みごとに対して

モテない男の典型的な返し方

「へえ。」または「ふーん」←無関心系

「それはおまえが悪いんだよ」←説教系

「オレだったら○○する」←説教系

「何でそんなんなんだよ」←攻撃系

どうでしょう?無関心系、説教系、攻撃系どれも女性からしたら最低です。

 

ではどうしたらいいのか?

愚痴については、ただひたすら聞いて彼女のたまっているものを吐き出してあげましょう。

「いかに気持ちよく話してもらうか」を意識して、話を聞いてください。

 

「うんうん、そうだね」「大変だったね」「確かにそうだよね」など話に同調することが必要です。

必ず目を見て深くうなづいて聞きましょう。

 

愚痴の場合は、気の利いた言葉は特に不要です。

特に女の子の扱いに不慣れの人は、何も言わないほうがいいです。

ひたすら彼女に思う存分話してもらうようにアシストしていきましょう。

 

 

聞く力を高めた結果、何が起こるか?

聞く力を鍛えると、ある変化が起こります。

変化が起こるのは女性の心です。

あなたに話を聞いてもらったことを「心地いい」「また聞いて欲しい」と思った女性は、必ずまたあなたに話を聞いてもらいたくてコンタクトをとってきます。

LINEや電話がきたり、「会いたい」という誘いがあったりします。

 

そうなったらもう立派に「女心をつかんだ」と言えます。

今よりも確実に2倍はモテます。これ、断言しておきます!

さらに聞く力を鍛えていけば、狙っている女性以外だけではなく、それ以外の女性に対しても普通に話を聞いてあげることができると思います。

そうしたら多数の女性にモテるのは目に見えてますよね。

 

そうなったら無敵です。

女性の扱いのプロのホストでも通用するかもしれませんね!!

 

さぁ、やってやりましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です