炭酸シャンプーは皮脂汚れ落としには効果なし!

 

炭酸美容については、最近いろいろなメディアで取り上げられています。

しかし、推測が事実となり、間違った情報が世の中を飛んで回っています。

 

「Le ment(ルメント)シャンプーは炭酸シャンプーだから汚れがすごく落ちる」なんて広告もたくさん見かけます。

 

でも、それ・・・間違ってますから!

 

今回の記事では、Le ment(ルメント)シャンプーの正体を明かし、間違った情報を正していきたいと思います。

 

炭酸の効果

このブログで何度も登場していますが、炭酸は人体にとってとてもいい効果をもたらしてくれます。

 

簡単におさらいしましょう。

 

炭酸の効果で最も期待できるのは、「血行促進」です。

炭酸は水に二酸化炭素を溶かすことで発生します。

CO2+H2O→H2CO3

二酸化炭素というのは人間にとっては老廃物です(吐く息も二酸化炭素)。

 

そのため、二酸化炭素が皮膚の細胞に取り込まれたとき、排出しようと毛細血管を広げる反応をします。

毛細血管が広がれば、その分血液の流れがスムーズになりますので血行が良くなりますよね。

血行が良くなれば血の巡りもさらさらしてきますので酸素が多く取り込まれます。

酸素が多く取り込まれると細胞が活性化し、その結果新陳代謝が高まるというわけです。

 

さらに、炭酸水の気泡には皮脂や角質などの汚れを吸着する特徴があり洗浄水にはもってこいです。

昔から洗浄液は掃除とかで使用されてきたらしいです。

昔の人の知恵ですね。

 

では、「炭酸シャンプー」とうたわれているLe ment(ルメント)シャンプーは、汚れが落ちたり血行促進をして新陳代謝を高めてくれるのでしょうか?

 

 

Le ment(ルメント)シャンプーでの炭酸の効果検証

現在この記事を読んでいる方は、Le ment(ルメント)シャンプーがどんなものなのか分かっていると思いますが、もし「知らない」という方はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてみて下さい。

髪の毛の悩み別 ぜひ使ってもらいたいシャンプー6選

 

ではひとつずつ解説していきます。

 

①汚れ除去

確かに高濃度の炭酸により汚れが落ちるのは事実です。

しかし炭酸で落ちる汚れと言うのは、チリ・ホコリ・臭いニオイ成分くらい。

つまり水(お湯)で洗った状態とほとんど差はありません。

炭酸で落ちるというより「水で落ちた」と言うのが正確です。

 

世間では「毛穴の汚れが落ちる」「毛穴につまったシリコンを除去する」なんて言われていますが、間違ってますからね!

毛穴の汚れというのは脂です。

 

通常、炭酸で脂は取れませんし、分解もできません

東北大大学院の猪股教授が興味深い研究をされています。

二酸化炭素を温度31.0 ℃に保ち、7.37 Mpという高い圧力をかけた状態にし「超臨界状態」になった時に、はじめて油(脂)を分解することができる

ということがです。

 

7.37Mpってどのくらいか分かりますか?

1平方センチメートル(1cm×1cm)に73.7kgの力がかかった状態です。

手のひらに7.37トンの力が加わるということです。

 

ものすごい強い力です。

こんなの一般家庭では無理ですよね。

一般家庭でも、美容室でも絶対無理です。

 

特殊な状態にまでに炭酸を持ってこないと、毛穴の脂汚れは除去できないのです。

 

じゃあ、Le ment(ルメント)シャンプーでは、毛穴の脂を除去できないのか!?というとそうではありません。

そこは、適度な洗浄力の「ココイルグルタミン酸Na」という洗浄剤が配合されていますので、ちゃんときれいに皮脂汚れは取ることができます。

 

この「ココイルグルタミン酸Na」という成分は、泡立ちは弱いですが洗浄剤の中では非常に良い成分です。

洗浄剤についてはこちらの記事でも書いていますので、参考にして下さい。

シャンプー選びのHOW TO ラウリル硫酸Naは危険!?

 

Le ment(ルメント)シャンプーでは炭酸で皮脂汚れを落としているのではなく、「ココイルグルタミン酸Na」という洗浄剤のおかげで落ちていることを理解して下さい。

シリコン除去っていうのも炭酸では無理です。

 

 

②血行促進

炭酸による血行促進効果は期待できます。

二酸化炭素が皮膚の細胞に取り込まれると、その細胞はある種の「酸欠(酸素不足)」になります。

酸欠状態を認識した体は、自己防衛能力をはたらかせ二酸化炭素を排出しようと毛細血管を広げる反応を示します。

 

そうやって毛細血管が広がれば、血行や血流が良くなるのです。

これは数々の検証実験でも証明されている事実です。

 

しかし、1つ理解しておいてほしいことがあります。

炭酸による血行促進は期待できますが、高濃度の炭酸泉に10分以上浸かることが条件になります。

 

事実、ヨーロッパでは炭酸泉による温泉治療が盛んに行われており、数多くの患者が効果をあげています。

日本でも1000ppm以上で炭酸による治療効果があると言われています。

 

これらの治療効果は、あくまでも「一定時間、炭酸泉に浸かること」が必須の条件になります。

しかも1回だけ10分以上浸かれば良いというわけではなく、湯治のように何度も何度も浸かることで効果が発揮されるのです。

 

なので、はっきり言うと普通にシャンプーして流しただけでは効果がないということ。

Le ment(ルメント)シャンプーは高濃度炭酸のシャンプーですが、普通に使っただけでは、たいして血行促進にはならないのです。

 

Le ment(ルメント)シャンプーの効果をより高めるには、シャンプーを使って頭皮マッサージを行うこと。

そして泡をつけた状態で10分間そのまま放置することです。

最高のパックになります。

 

せっかくの高濃度炭酸を配合したシャンプーですので、効果を最大限取り入れるべきです。

血行が促進されると、発育・育毛に絶好の頭皮環境が整いますし、白髪の抑制にもつながりますので積極的にLe ment(ルメント)シャンプーを使っていくと良いです。

 

 

③新陳代謝促進

続いて炭酸の新陳代謝の促進ですが、これはあくまでも「効果があるかも?」というレベルです。

医学的な根拠はまだ乏しいと僕は思っています。

 

二酸化炭素が皮膚の細胞に取り込まれると、その細胞はある種の「酸欠(酸素不足)」になると説明しました。

酸欠状態を認識した体は、二酸化炭素を排出しようと酸素を取り入れます。

酸素をたくさん取り入れることで、細胞が活性化し新陳代謝が高まるといわれています。

 

まぁ、確かにそうなのかもしれませんが、何歳も若返るとかそういう直接的な効果は少ないと思います。

ただ、Le ment(ルメント)シャンプーの炭酸効果で血行を促進してくれるのは確かですし、ココイルグルタミン酸Naのお陰で余分な脂もとってくれます。

 

「炭酸だから」ということではなく、Le ment(ルメント)シャンプーに配合されている新陳代謝促進成分が、毛穴に浸透してくれるので効果は高いといえます。

 

 

④カラーリングやパーマによりアルカリ性となった髪の毛を中性~弱酸性へとかえる

カラーリングやパーマをすると髪の毛はアルカリ性になります。

髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開いてします

 

一方、炭酸はpH4.5~5の弱酸性であり、炭酸で髪の毛を洗うとアルカリ性から弱酸性に変えてくれます。

その結果、キューティクルは開かないのでカラー剤も抜けません。パーマをかけても毛先がパサツキません。

Le ment(ルメント)シャンプーを使うとカラーの色持ちが良いと言われるのは、炭酸のpH効果があると言えます。

 

以上、Le ment(ルメント)シャンプーでの炭酸効果をまとめますと・・・

まとめ
・汚れ除去:炭酸シャンプーとしての皮脂汚れ落としは期待できない。
あくまでも、「ココイルグルタミン酸Na」という洗浄剤のおかげで落ちている

・血行促進:Le ment(ルメント)シャンプーを使用して、10分間泡パックにより効果がある

・新陳代謝促進:はっきり言うと未知数

・アルカリ性から弱酸性へ:炭酸としての効果あり
キューティクルの開きはなしと断言できる。

 

 

Le ment(ルメント)シャンプーに期待できること




じゃあ、Le ment(ルメント)シャンプーの良いとこって結局何!?って思われる方も多いはずです。

Le ment(ルメント)シャンプーは優秀であることは間違いないです。

 

他のシャンプーよりも優れている点を4点挙げます。

Le ment(ルメント)シャンプー以外のシャンプーでは絶対得られない効果です。

 

①適度な洗浄力でしっかり汚れを落としてくれる

 

炭酸ではなく、洗浄剤であるココイルグルタミン酸Naによってマイルドかつ確実に皮脂汚れを落としてくれます。

ココイルグルタミン酸Naが使われているシャンプーは他にも多数あります。

 

しかし、Le ment(ルメント)シャンプーは炭酸を高濃度配合という強みを活かし、炭酸泡とココイルグルタミン酸Naをうまく絡ませて洗浄してくれます。

 

超微細な泡が、通常のシャンプーでは入り込めない隙間に入っていきます。

何がいいたいのかというと、炭酸単体で汚れを落とすのではなくココイルグルタミン酸Naと炭酸が合体して、超微細な泡として全ての毛穴に洗浄剤を行き渡らせています。

 

意外なことに、他のシャンプーは泡立っているように見えて全ての毛穴に洗浄剤が行き渡っていない場合が多いです。

 

髪の毛で泡立っていることが実は多く、本来洗わなければいけない地肌を洗えていないことが実はあります。

シャンプーの粘度だったり、伸びのよさも関係します。

 

Le ment(ルメント)シャンプーは炭酸泡ときれいに混ざり合った洗浄剤が毛と毛の間を通り抜けて頭皮までしっかり行き渡り毛穴汚れを落としてくれます

 

他のシャンプーはよっぽど丁寧に洗わない限り、頭皮汚れを100%落とすのは無理です。

泡の力を借りて頭皮に行き渡らすという意味では、炭酸シャンプーは有効ですね。

 

 

②炭酸効果で血行促進

先述した通り、高濃度の炭酸が配合されていますので、頭皮マッサージを行い泡をつけた状態で10分間そのまま放置することで頭皮の血行が促進されます。

 

発毛・育毛に効果的な頭皮環境ができますので、育毛トニックの浸透効果も非常に高いことがシャンプーの粘度だったり、伸びのよさも関係します。

Le ment(ルメント)シャンプーを使用した様々な検証でも確認されています。

 

③きれいなキューティクルを維持

これも先述したとおり、ダメージを受けアルカリ性の状態になっている髪の毛を炭酸効果でpH4.5~5の弱酸性にしてくれます。

一度開いたキューティクルを元に戻すことはできません。

どんなシャンプーでもトリートメントでも絶対に無理です。

 

しかし、Le ment(ルメント)シャンプーで髪の毛を最適なpHでキープしていけばキューティクルは開くことはありません

 

キューティクルが開かなければ、毛先のパサツキもないしツヤもでます。

男だってパサツいた髪の毛では女の子にモテませんからね。

 

 

④美容成分がすごすぎる

Le ment(ルメント)シャンプーには優秀な美容成分がたくさん配合されています。

その中でも、「フラーレン」という成分はビタミンCの250倍以上の抗酸化力(酸化を防ぐ力)があります。

 

フラーレンはイギリス人が発見したノーベル賞受賞成分です。

フラーレンのすごいところは、老化の原因となる活性酸素を吸着させて酸化を防いでくれるところです。

 

しかも10時間以上も活性酸素を掃除してくれる驚きの作用があるのです。

 

抗酸化力だけではなく、毛の成長速度を高める効果があることが研究結果として発表されています。

⇒こちらを参考にしてみて下さい ビタミンC60バイオリサーチ株式会社

 

これは世界にとって非常に画期的な研究成果でしたし、美容業界にも激震が走ったそうです。

 

フラーレンという成分は髪の毛やまつ毛の成長に有効ですが、他にも保湿効果やニキビ改善、シワ・シミ改善にもとても有効と言われています。

まだまだ研究が重ねられており、様々な分野での活躍を期待されている成分です。

 

また、フラーレンの他にも優秀な美容成分が含まれています。

保湿の三大天然植物である、アルガン、クパス、バオバブが配合されています。

 

普通のシャンプーでは、3つのうち1つが入っていれば良いくらいなのですが、贅沢にもLe ment(ルメント)シャンプーには3つも入っているのです。

 

また、ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つリピジュアという成分もすごいレベルの保湿をしてくれます。

 

以上、「炭酸シャンプー」ということだけでLe ment(ルメント)シャンプーには飛び込まないで下さい。

完全に誤解しています。

Le ment(ルメント)シャンプーの本当のすごさは高濃度炭酸のおかげで毛穴の隅々まで洗浄剤を届ける、頭皮の血行を促進する、美容液の質・量がものすごく高レベルということです。

 

このシャンプーを僕は毎週末使用しています。

平日は育毛に特化したシャンプー(VITALISM)、週末は彼女とLe ment(ルメント)シャンプー。このように使い分けています。

 

毎日使用しないと効果が出ないというシャンプーではありません。

1回だけでも美容室でのトリートメントと同等の仕上がりを体感できます。

 

ぜひ1回だけでもいいので使ってみてください!!

 

購入はこちら

 

今なら初回に限り半額で購入できます!!かなりお得。

僕は割引ナシの時に購入したので、うらやましい限りです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です