ケンタッキーのビスケット再現レシピに挑戦!

ケンタッキー

ケンタッキーのビスケットの再現レシピに挑戦しました!

 

ケンタッキーのオリジナルチキンと一緒についつい買ってしまうアレです(笑)

コレ↓↓↓

ビスケット

<引用:ケンタッキー・フライドチキンWebページ>

 

難しいかな?と2人で話していたのですが、意外と簡単でした。

初心者でもお手軽に作れますよ!

 

 

ビスケットのレシピ

ケンタッキーで購入すると、1個当たりの値段が220円のビスケット。

驚くほど材料費が安かったです!

 

では、早速作っていきましょう。

 

材料

A:薄力粉(普通の小麦粉) 100g
      強力粉         150g
   ベーキングパウダー   大さじ1と1/2
   バター           70g
   はちみつ        小さじ1
   塩           1つまみ

B:牛乳

C:はちみつ(食べる用。好みに応じて)

嫁ちゃん
材料はたったのこれだけ!

 

 

作り方

①Aの材料を全て、Bの牛乳1/3をフードプロセッサーに入れ混ぜる

②均一に混ざったら一旦止める(粉っぽさが残る程度)

③Bの残りの牛乳を入れ、再びフードプロセッサーにかける

④牛乳が混ざったら止める

⑤生地をフードプロセッサーから取り出して、粉(小麦粉)を打った板の上にのせる

⑥生地を5分程度こねる

⑦生地を厚さ2cmくらいにのばす

⑧型抜きで型を取る

⑨あらかじめ200度で予熱しておいたオーブンにいれ、200度で10~15分加熱

⑩できあがり!Cのはちみつをつけて食べる

 

 

注意点

フードプロセッサーは間口の広いものを!

動画を見ていただければ分かりますが、我が家のフードプロセッサーは、縦長のものを使用しています。

そのため、粉がこぼれるこぼれる!

 

お菓子づくりの際は、フードプロセッサーは間口の広いものを使いましょう!

とまぁ、フードプロセッサーと言っていますが、我が家のものはドウシシャ製の「大人のフローズン」です。

フローズンドリンクを作るヤツです(笑)

 

混ぜるのフードプロセッサーじゃなくてもよくね?

今回フードプロセッサーを使用しましたが、普通にボールで混ぜてこねても良いと思います。

 

フードプロセッサーから生地を取り出すのも手間なので、10個程度のものを作るのであれば、僕はボールでこねる派です!

 

 

こねるのは触感の好みに応じて

今回作ったビスケットに限らず、強力粉を入れてこねるパン系のものを作るときには、こねすぎ加減に注意して下さい。

 

中までふわっとしたのが好みであれば、こねる時間を長めにして下さい。

しっとりしたのが好みであれば、こねる時間は比較的短めに!

 

今回僕たちの完成品は、こねる時間が短かったため、本家ケンタッキーのものより中はややしっとりでした。

もっとふんわりさせたければ、15分くらいこねてもいいかなと思います

嫁ちゃん

好みで、こね方を調整してください!

 

 

出来上がりの感想

ビスケット

見た目は、ハートの形してかわいいですよね!

焼き色もこんがりな感じで素敵です(←自画自賛)

 

先にも書きましたが、中はややしっとり、外はカリッ!

 

ビスケットというより、スコーンみたいな仕上がりです。

 

焼きたては超うまい!!

この感動をみなさんに届けたいところです・・・

生地がベタベタでまとまらなかったりしましたが、今回も大成功!!

嫁ちゃん
もう少しふんわりできれば、言うことなし

 

 

今回の費用

今回かかった費用はこちら!!

ここにタイトル

薄力粉(普通の小麦粉) 10円
強力粉         15円
ベーキングパウダー   40円
バター         100円
はちみつ        10円
塩           ?(0~1円の間)

計      175円

ケンタッキーでビスケットを購入すると1個220円(税込)ですが、手作りすると1個当たり約30円ですみます。

 

安い!!
嫁ちゃん
我が家は大量に作って冷凍保存。休日の朝に解凍して食べています!

 

 

誰かに話したくなるケンタッキーのウンチク

再現レシピだけの内容では記事に厚みがないと思ったので、ケンタッキーのウンチクについて語ります!

嫁ちゃん
別に聞きたくないよぉ~
そんなこと言わずに聞きなさい。強制です

 

創業者は65歳で起業したすごい人

ケンタッキー・フライドチキンの創業者カーネル・サンダース。

店舗の前でいつも笑って立っているおじいちゃんですね。

このカーネル・サンダースさんですが、ものすごくパワーにあふれた人です。

 

なんと65歳で、この事業を立ち上げます。

それまでの人生、事業を立ち上げては失敗に終わってたらしいのですが、65歳で再び挑戦するってすごくないですか?

当時からすると、なかなかの高齢ですよね。

 

カーネル・サンダースさんは、店舗をいきなり構えたのではなく、車で各地を回りながらチキンのつくり方を教えていったそうです。

そして、それぞれが店を構えてカーネルさんのチキンを売る。

こうやってフランチャイズの基礎をつくったらしいのです。

 

これが世界初のフランチャイズ店の展開ということです。

嫁ちゃん
ほほー!知らなかった

 

◆参考文献はこちら

 

 

立像が店の前に立っているのは日本のみ

ケンタッキーに行くと、カーネルさんが店の前に立っていて迎えてくれるじゃないですか?

日本では当たり前の光景ですが、他の国ではカーネルさんは立っていないんですよ。

知ってました?

 

なんでも、ケンタッキー日本の幹部職がアメリカのケンタッキー本社を訪れた時(?)に、たまたまカーネルさんの立像を見つけたそうです。

 

それを日本に持ち帰り、店の前に置いたところ非常に好評ということで、たくさん作らせて各店舗の前に置くようになったのだとか・・・。

 

カーネルさんは180cm、90kgだったらしいです。体型を忠実に再現した立像になっているみたいですよ

 

ビスケットが食べたくなったら・・・

 

どうです?ビスケットが食べたくなりましたか?

え?「オリジナルチキンが食べたい」って?

 

オリジナルチキンは、ちょっと再現が難しいですねぇ。

 

ビスケットであれば、すごく簡単ですので再現レシピに挑戦してみて下さい!

またはケンタッキーに行って食べてください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です