働くこと

退職の挨拶メールに関する質問を集めてみた(テンプレート、宛先、時期、返信など)

メール

最近では、退職の挨拶をメールで済ます人が多いですね。

 

そこで今回は、「退職の挨拶メール」に関する5つの質問に回答します。

質問者は、僕の後輩のA君です(笑)

 

では早速いきましょう。

 

 

①退職の挨拶メールのテンプレートが欲しいのですが・・・

テンプレート

今の会社に入社して10年。僕もたくさんの退職の挨拶メールを見てきました。

 

それを見ている限り、パターンはこの3つ。

 

[box class=”yellow_box”]

(1)過去の栄光を並べる内容:定年退職者のおじさんに多い

(2)感謝を並べる内容:女性社員に多い

(3)テンプレート的な無機質なメール:20~30代男性社員

[/box]

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-normal.jpg” name=”僕” type=”r”]個人的なおすすめは、(2)(3)ですかね[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-normal-e1558008509403.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]自慢がたくさん詰まっている(1)のメールは、読み手もウンザリするので避けましょう[/voice]

 

では、実際僕が受け取ったメールを紹介します(一部少々加工しています)

 

 

(1)過去の栄光を並べる内容:定年退職者のおじさんに多い

定年退職を迎えた方が送りがちな内容がコチラ!

 

[box class=”blue_box” title=”]

私事で大変恐縮ですが、定年にてこの○月をもちまして

退職することに相成り、本日最終出勤日とさせて頂きました。

本来なら皆さまに直接お伺いするところではございますが、

メールでのご挨拶お許し下さい。

 

振り返れば、

・・・

・・・大量文のため、略します(笑)・・・

・・・

等々思い起こせば多くの出来事に対し、皆様からご支援を頂き

役割を果たせたことに感謝しています。

多くの方々と出あえたからこそでき得た事と心から感謝しています。

 

退職後はお天道様に見守っていただきながら土いじりなど毎日が

休日の生活を送りたいと思っています。

 

最後になりますが、

躍進を続ける(社名)の益々のご発展と皆様のご健勝を祈念いたしまして

退職のご挨拶とさせて頂きます。

[/box]

 

 

(2)感謝を並べる内容:女性社員に多い

今まで支えてくれたことに感謝を述べた文章です。

女性がこういうメールを送る傾向にあります。

[box class=”blue_box”]

私事ではございますが、本日を最終出勤日とし、

(社名)を退社することとなりました。

本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところですが、

メールでのご挨拶となる失礼をお許しください。

 

私の至らぬさゆえ、日々の業務において

皆様にはご迷惑をお掛けすることばかりでしたが、

いつも温かいご指導とご支援を賜り本当にありがとうございました。

 

皆様に支えていただきましたおかげで、(社名)での5年という日々を

楽しく、そして前向きな気持ちで勤務することができました。

心より感謝申し上げます。

 

最後になりましたが、

皆様の今後のご健勝とご活躍を祈念いたしまして、

簡単ではございますが、お礼かたがた退職のご挨拶とさせていただきます。

 

本当にありがとうございました。

[/box]

 

 

(3)テンプレート的な無機質なメール:20~30代男性社員

リクナビNEXTなどで、テンプレートとして紹介されてそうな挨拶文です。

男性社員が送る傾向が強いです。

 

[box class=”blue_box”]

私事で恐縮ですが、今月○月○日をもちまして、

退職させて頂くことになりました。

年休消化のため、本日が最終出社日になります。

皆様には大変お世話になりました。

この場をお借りして御礼申し上げます。

末筆になりますが、皆様の益々のご活躍並びにご発展を

心よりお祈りしております。

[/box]

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-normal.jpg” name=”僕” type=”r”]3つの事例紹介しましたが、どうですか?イメージつきました?[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-smile-e1558008490391.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]それぞれ特徴がありすぎてウケた![/voice]

 

 

メールはいつ送ったらいいか?

いつ

 

社内への退職挨拶メールは、最終出勤日の退社時(できれば定時時間ギリギリ)くらいがいいです。

 

なぜなら、朝とかに送ってしまうと、返信するなど対応するだけでかなりの時間を要するからです。

特に返信を望んでいるのでなければ、退社時に送りましょう。

 

返信をもらって余韻に浸かりたい場合は、朝送信でもいいですが、そんなことなら直接会いに行って、感謝の気持ちを伝えたほうが良いと思います。

 

 

宛先は誰に送ればいいか?

誰

 

挨拶メールを送る宛先は、仕事上関わった人限定にして下さい。

無差別級に送りつけてしまうと、「コイツだれ?」という悲しい事態が起きてしまいます。

 

会話を交わした事があって、顔を見れば声をかけ合うくらいのメンバーまでにしましょう。

 

役員や部長などにメールをしたがる人もいますが、

この場合も、顔を覚えてもらっていると確実に思える人を限定にしたほうがいいと思います。

 

 

メールでの挨拶は失礼にならないか?

失礼

 

メールという便利なツールがなかった世代からすると

「メールなんて失礼。直接顔を見せて挨拶すべき!!」

なんて言葉を投げつけてくる人がいます。

 

でも、こんなのは無視して大丈夫です。

 

「偉い人にはメールは失礼。だから直接・・・」なんていう思い込みも捨てましょう。

 

偉い人ほど時間はありません。

よっぽど親しい仲であれば直接でもいいですが、メールで十分です。

 

僕の会社のある役員に聞いたところ

「挨拶に来てもらっても、「誰?」ってなる。でもそんなこと言えないし・・・」

と本音を漏らしていました。

 

本人は「お世話になった」という感覚でも、必ずしも相手にはそうとは限らない・・・。

悲しいけど、そんなものです。

 

 

そもそも退職の挨拶メールは送らないといけないのか?

挨拶メール

そもそも退職の挨拶メールは送らないといけないのか?

・・・これは、僕も最近疑問です。

 

同じ職場であれば、スピーチみたいなのやらされるので、そこで挨拶は完了します。

 

業務上、関係している他部署のメンバーには後任の引継ぎがてら直接辞めることを伝えると思いますし・・・。

となると、わざわざメールで連絡する相手もそんなにいないですよね。

 

僕が退職するのであれば、社内への挨拶メールはしないと思います。

社外には、先方が困るので挨拶メールは送りますけどね。

 

まぁ、人それぞれ関わり方が違うと思いますので、挨拶の範囲は各々で判断してみてください。

 

その連絡ツールとしては、メールは有効です。

 

 

以上、5つの質問に回答しました。

 

今までのお礼と退職することを文面に添えて、円満退職になるようにお祈りしています!

A君頑張れ!(笑)