働くこと

圧倒的な努力ってどのくらい?成功した人のエピソードから目安を考察してみた

努力
ぽんすけ先輩
ぽんすけ先輩

人生、成功したい。社畜が群がる会社から早く抜け出したい。

成功するには「圧倒的な努力が必要」だと言うけど、圧倒的な努力って何?

どのくらい取り組めば「圧倒的な努力」と言えるのだろう?

成功した人たちは、どのくらい努力をしたのだろうか?

 

こんなふうに思って過ごしていました。

でも、まだまだ努力が足りない僕。

 

僕自身、「圧倒的な努力」っていうのがどんなものなのか知りたかったので、調べてその結果をまとめてみました。

 

この記事を読んで「圧倒的な努力」をして成功してやる!と思っていただければ幸いです。

 

圧倒的な努力という言葉

まず、僕が「圧倒的な努力」という言葉を見つけたのは、見城徹さんのこのツイートです。

悲報!

残念ながら、見城さんTwitterのアカウントを削除してしまったようです。(2019年8月時点)

強いメッセージですね。

確かに練習をしない人がホームラン王になったり、オリンピックで金メダルを取ったりできないです。

耳が痛いことですけど、とても的確なメッセージだと僕は思います。

 

 

圧倒的な努力をして成功した人・成功している人

では、圧倒的な努力をして成功した人・成功している人のすさまじいエピソードを紹介します。

イチロー選手

・小学生時代は毎日バッティングセンターに通った。休んだのはバッティングセンターが休日の年間5日間のみ。

・高校生時代、3年間毎日欠かさず10分間の素振りを行っていた。

・プロになっても、試合後の筋トレやバッティング練習は欠かさなかった。

イチローの流儀 (新潮文庫) [ 小西慶三 ]

created by Rinker

 

シュリーマン

空想の話だと言い伝えられていた、トロイア遺跡を発掘した人です。

英語、フランス語、ロシア語、オランダ語、スウェーデン語、ポーランド語、ギリシア語などを全て独学でマスター。

結局シュリーマンは、トータルで18か国語をマスターしたと言われている。

昼間は仕事、夜や休日は語学習得に何十年も明け暮れた。

古代への情熱【電子書籍】[ ハインリヒ・シュリーマン ]

created by Rinker

 

 

孫正義

高校を中退し、アメリカの超名門大学であるカリフォルニア工科大学バークレー校へ留学。

アメリカに留学して毎日勉強の鬼になりました。勉強の虫じゃないですよ。そんな生易しいものじゃない。

もう道を歩く時も風呂の中でも食事をする時でも、寝ている時の数時間以外は全て勉強すると。

もちろん英語で脳みそが千切れるほど考え、全力投球したときには不可能なことは非常に少ない。

他の人間にできることならば、同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。

他の人間ができるのに、同じ人間の一人である僕にはできないとか、できないと思わなければいけないとか、そう思うことのほうが不自然じゃないですか。絶対におかしい。

1日18時間勉強してましたから、毎日。寝てるとき以外は勉強。

志高く新版 孫正義正伝 (実業之日本社文庫) [ 井上篤夫 ]

created by Rinker

 

スティーブ・ジョブズ

プレゼン原稿は自分で書き、1時間の講演に丸2日間のリハーサル、5分間のデモ制作にスタッフが数百時間費やした。

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 [ ウォルター・アイザックソン ]

created by Rinker

 

メンタリストDaigo

小学校・中学校時代、いじめられっ子で成績はベリだった。

集中力が人よりも続かないハンデを負いながら、勉強。ひたすら勉強。

そして予備校に通うことなく、独学で慶應義塾大学に合格。

自分を操る超集中力 / メンタリストDaiGo 【本】

 

圧倒的な努力ってどのくらい?

圧倒的な努力ってどのくらい?という疑問が出てきます。

 

紹介した人たちのエピソードはどれもすごいですが、分野がそれぞれ違うのであまり明確なイメージがつかないのではないかと思います。

 

ただ1つ言えることは、人が休んでいる間も練習・作業・勉強を行っているということです。

 

孫さんの絵エピソードは非常に分かりやすいのですが、1日18時間は勉強していたとのことです。

 

睡眠時間が6時間なので、起きている間は風呂に入っていてもトイレに行っている時間も、食事をしている時間も全て勉強勉強です。

これは決して簡単なことではありません。

 

圧倒的努力というのは、人並み外れた作業(勉強)量を取り組むことだということが分かります。

 

言い換えれば、予想できないくらいの量ということです。

 

 

努力って必要なのかって話

 

紹介したすごい人たちのエピソードを見ていると、共通する事があります。

みなさん「嫌なことに努力してない」ということです。

 

これを読み違えている人が多いです。

 

だから、見城徹さんのツイートに対し、

過労死予備軍をこれ以上作らないでください。

 

悪魔は囁く。 もっと出来る、もっと、も~っと。 病むまで。

 

なんていうわけの分からないコメントがついてしまうわけです。

 

見城さんは、そういう意味で言ってないですよ?

まぁ、理解できている人が成功するってだけなので、全く問題はないですけど。

 

イチローにしても、孫さんにしても、好きなものにとことん取り組んでいるだけなんです。

 

だからそういう人たちにとっては「努力」という言葉で思いながら実行しているのではありません。

 

「努力」って言葉は、どうしても「つらいことだけど頑張る」とかって意味に解釈されがちですが、成功している人たちは「つらいことだけど頑張る」なんて思っていないのですね。

ただただ、夢中になっているだけなのです。

 

だから、「努力が必要」というよりも「愚直に取り組む事が必要」と理解したほうが正確なのかもですね。

でも「努力」って言葉を使ったほうが、一般的に分かりやすいのは事実です。

 

 

 

圧倒的な努力をするために

 

圧倒的な努力で成功したいと思うのであれば、成功した人に学ぶのが一番です。

簡単に言えば、マネをするのが一番。

イチロー選手みたいなメジャーリーガーになりたければ、365日休まず練習を継続すること。

ホリエモンみたいになりたければ、楽しく生きるために無駄なモノ・人を徹底的に排除すること。

メンタリストDaigoみたいになりたければ、1日20冊以上の本を読み毎日発信し続けること。

 

こんな感じです。

 

1日、1ヶ月、1年やったからと言って、メジャーリーガーやメンタリストになれるわけではないんですよね。

そうなったら、どんなにいいことかと思うのですが・・・。

 

とにかく、目指したい人物がいれば、とことんマネしてやる!っていうのが成功への第1歩(いや、半歩)なのかなって思っています。

 

こういうことって「成功してから言えや」ってクレームがきそうですが(笑)

 

僕もすごいブロガーの人たちをとことんマネして、成功します!

 

お互い目指す分野でやってやりましょう!!