同棲の初期費用はいくら?払えないなら徹底的に節約すべき!

同棲

出会って3ヶ月で同棲を開始!

そして、かれこれ同棲を始めて約2年が経ちました。

 

こんちは!ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

出会って3ヶ月の人と一緒に住むって展開が早いですよね。

とはいえ恋とはそういうもの・・・。

だって、一緒にいる時間を増やしたい、ずっと一緒にいたいじゃないですか!

 

僕たちすでに30歳を超えているので、

「同棲じゃなくて結婚しろよ」

という感じなんですけど、まぁそれはおいおい・・・。

 

今回の記事では、同棲に必要な費用っていくら!?という疑問に答えていきます。

 

ちなみに僕たち、すでに30歳を過ぎてまして、お互い別の人と同棲を経験しています。

(30も過ぎてれば、そういうこともありますよね・・・)

僕3人。

嫁ちゃん3人←たぶん(笑)

 

嫁ちゃん
そこは触れずにいきましょう!

 

 

同棲を始めるために必要な費用

同棲

家賃がいくらの家に住むか、家電をどのようなものにするか?次第ですが、ざっくりとした平均値はこの通りです。

①賃貸契約費 30万円

②家電    30万円

③生活雑貨  10万円

 

では見ていきましょう。

 

 

①賃貸契約費

賃貸を契約する時は、敷金・礼金・仲介手数料が必要になります。

最近は仲介手数料を取らないケースもあるようですが・・。

 

さらにこれらに加えて、1ヶ月分の家賃も前払いで請求されますので、初期費用としてはだいたい30万円ほど必要になってくるんですね。

 

でもこの30万円は、あくまでも僕たちのような地方に住む人向けの物件であること前提です。

 

都心などの場合は、よほどの安物件でない限り30万円に抑えるのはキツイかなと思います。

 

 

②家電

基本的に揃えておきたい家電を挙げます。

これは揃えたい

☑ 冷蔵庫

☑ 洗濯機

☑ TV

☑ 電灯

☑ ガスキッチン台(ない場合)

 

既に設置されている場合の物件の場合は、家電をそろえる必要はありませんが

何も無い場合は、これらの家電はマストになります。

 

以前、一人暮らしをしていた人であれば、わざわざ新調する必要も無いので、それを使いましょう!

 

僕たちは、嫁ちゃんが以前使っていた家電をそのまま使いました。

冷蔵庫だけは新品です。

そのため、費用は15万円以内に納まりました!

 

 

③生活雑貨

基本的に揃えるべき生活雑貨を挙げます。

これは揃えたい

☑ カーテン

☑ ソファー

☑ テーブル

☑ 食器

☑ 調理道具

☑ タオル

☑ 清掃用品

☑ ベット(布団)

 

カーテンが不要なタワマンに住む場合は不要です(笑)

 

僕はずっとシーリーのベットを愛用していたのですが、嫁ちゃんが「他の女が寝たベット」は嫌だ!ということで、泣く泣く実家で誰にも使われず眠っています。

もう消毒されたと思うのですが・・・
嫁ちゃん
バカヤロウ

 

 

このように、賃貸契約費・家電・生活雑貨を合計して、平均70万円くらいです。

この金額が、同棲を始める初期費用となります。

 

ただし、住む地方によって賃貸料も違いますし、そろえる家電や生活雑貨の種類によっても違います。

安い人だと30万円くらいで全て納めている人たちもいます。

100万円を超す人もいます。

 

人それぞれ違うので、自分たちがどのくらいの費用を出せるかよく話し合ってみて下さい。

 

 

同棲の初期費用を抑えたい!節約すべきは?

費用を抑える
Mr.X

同棲の初期費用を抑えたいのだが、どうしたらいいんだろう?

 

誰だって費用は抑えたいものです。

 

費用面で心配の人は、下記4つの内容を試してみてください。

・家賃を抑える

・家賃交渉

・家電付きの部屋を借りる

・初めから全て揃えない

 

では、1つずつ説明します。

 

家賃を抑える

費用を抑えたかったら、「家賃を抑える」これに尽きます。

 

初期費用は、敷金・礼金で家賃の2か月分くらい+家賃1ヶ月分は基本的に取られます。

単純に家賃が安ければ、初期費用も安く済みますよね。

 

今後の生活もしかりですか、初期費用を抑えたければ「家賃の安いところを選べ」は鉄則です。

 

 

家賃交渉

家賃の値引きは可能なんですよ。

 

たぶんたいていの人が、不動産会社の言い値に従っていますが、値引き交渉を頑張れば値引きしてもらえます!

絶対やりましょう!!

 

 

家電付きの部屋を借りる

「いずれ結婚を考えている」

「いずれもっとオシャレな物件を考えている」

という人たちは、家具や家電を揃えずに、家電付きの物件を探してみてはいかがでしょうか?

 

案外安くすみますよ!

仮に、その部屋から「引っ越そう!」となった時でも、大きい荷物が無い方が楽ですしね。

 

SUUMO(スーモ)で「家具家電付きの物件」を検索条件に入れれば、お目当ての物件を見つけられます。

 

初めから全て揃えない

初期費用を抑えたいのであれば、初めから何でもかんでも揃えない方がいいです。

 

ソファーがなくても床に座ればいいし、テレビだってなくても生活できますよね。

僕たちなんて、テレビも直置き、ソファーも机もない、キッチングッズはBRUNOのホットプレートのみ(笑)

嫁ちゃん
あっ!

でも・・・覗かれちゃうので、低階層の家の人はカーテンは必須です!

 

 

以上、同棲に必要な初期費用をまとめました。

 

同棲を始めるにあたっての初期費用は、なるべく抑えたいですよね。

自分たちの住みたい部屋でなるべく安い家賃の物件を探す、そして家電・生活雑貨は最低限にする。

 

これが初期費用を抑えるポイントになりますので、ぜひ徹底してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です