働くこと

上司が嫌い!もう限界!そんな時の対処法をまとめてみた

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

どこの職場でも1人くらいはいる、いや~な上司。

意味なく理不尽であったり、自慢が多かったり、部下の成果を横取りしたり、清潔感がなかったり・・・。

 

嫌いな理由はこんな感じでしょうか。

 

「この上司がいなければ、もっと楽しく働けるのに!」なんて思うことありませんか?

 

そこで今回は、

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/03/1173e4138147067de40e2b679aafe0ab.png” name=”Mr.X” type=”l icon”]

上司が嫌いだけど、どう対処したらいいのか?

上司嫌いで耐えれない。抜け出す方法はないか?

[/voice]

 

という悩みに答えていきたいと思います。

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-angly-e1558008578807.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]

上司嫌い!「なんでも俺に報告しろ」ってうるさいの!

事後報告だと「聞いてないよぉ~」の嵐!

「そんなこと、いちいち言わねーよ!!」って感じ![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-smile.jpg” name=”僕” type=”r”]

ダチョウ倶楽部と名付けよう・・・[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-angly-e1558008578807.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]・・・怒[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-normal.jpg” name=”僕” type=”r”]嫁ちゃんがキレかかっているため、先を急ぎましょう![/voice]

 

 

上司が嫌い!もう限界!そんな時の対処法

上司 嫌い

「上司が嫌い!もう限界!」と思うようになってしまったら、対処法としては、この3つです。

[box class=”yellow_box” title=”]

①上司の上司に話して部署異動を願い出てみる

②上司本人に直接伝える

③転職する

[/box]

 

では1つずつ説明します。

 

①上司の上司に話して部署異動を願い出てみる

「上司の苦情はその上司に言え!」

これは、まさにその通りで、上司の上司に訴えるという手段を取っている人が多いです。

 

組織の大きい会社に属している人が、よく使う手段ですね。

 

「課長のパワハラを部長に訴えた」と僕の会社でもよく聞く話です。

最も良いのは、変な上司がどこかに飛ばされるのが一番ですが、たいていは申し出た本人の配置換えが多いようです。

 

わりと簡単に聞き入れてくれますので、上司のことが耐えれなくなる前に願い出てみてください。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-normal-e1558008509403.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]私も経験あり!皆を味方につけて、言ったもの勝ち![/voice]

 

 

②上司本人に直接伝える

ハードルはかなり上がりますが、直接上司に訴えるという手もあります。

しかし訴えたところで、ほぼ改善は見込めないでしょう。
(「ニオイがくさい」等の清潔感の部分は除く)

上司はそんなこと自覚してないですし、言われたことでプライドも傷つきますからね。

 

よっぽど人間できた上司じゃないと「あぁ、そうだよな。悪いことしたな」なんて思わないです。

(そもそも、そういう人は部下から嫌われないですよね(笑))

 

上司に直接言えない場合、

上司に近い人間で親しい人がいれば、その人に相談し、それとなく伝えてもらうという手もあります。

 

この場合、相談相手によっては裏切る人もいますので、相談相手の性質を見抜いてから実行するのが無難です。

新たな火種になるともかぎらないので・・・。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pgirl-angly-e1558008578807.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]そういうスネ夫みたいなヤツ、結構いるよね![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-normal.jpg” name=”僕” type=”r”]のび太が言っていたことをジャイアンに言う的な・・・[/voice]

 

 

③転職する

①部署異動の訴え、②本人への直訴が効果ない場合は、もう見切りをつけて転職してしまいましょう。

[kanren postid=”5838″]

 

「上司からのパワハラが原因で鬱になってしまった」など体調を崩してしまう人が非常に多いです。

 

せっかくの人生です。

上司からの理不尽なパワハラで、人生を棒にふるほどもったいないことはありません。

 

かつては「耐えてこそ大人」とか「耐え抜いた先に成功が待っている、今は我慢の時」なんて言われていました。

 

でもこの話って、「本当に成し遂げたいものがある」こと前提の話だと思うのです。

 

絶対達成したいものがあれば、人からどんなに罵倒されても耐えますよね?我慢しますよね?

 

じゃあ、あなたの今の仕事は「本当に成し遂げたい仕事」なんでしょうか?

おそらく大半の人の答えは「NO」のはず。

 

であれば、嫌なことに時間を割いている暇はありませんよ。

 

人生はとても短い。

充実して満足できる環境に切り替えましょう!

 

案外、そういった環境は普通にあるものです。

 

 

世の中変な上司ばかりでもない

変な上司

あなたの上司は変ですか?

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/05/pboy-normal.jpg” name=”僕” type=”r”]

僕の上司は変な上司です(笑)[/voice]

 

[kanren postid=”3061,2387″]

 

 

世の中、変な上司ばかり話題になりますが、すごい上司もたくさん存在します。

SUPER BOSS 突出した人を見つけて育てる最強指導者の戦略 / シドニー・フィンケルシュタイン 【本】

 

このSUPER BOSS(スーパーボス)という本には、伝説の名上司が18名紹介されています。

 

ここで登場する上司は、部下を上手に活用しておりとても素晴らしい方々ばかりです。

 

例えば、こんな人たち。

[box class=”blue_box”]オラクル創業者のラリー・エリソン、

インテル創業者のロバート・ノイス、

広告会社TBWAシャイアットデイ創業者のジェイ・シャイアット、

不動産王のウィリアム・サンダース、

クラフト社の元CEOマイケル・マイルズ、

映画監督のジョージ・ルーカス、

デザイナーのラルフ・ローレンなど[/box]

 

以下、引用です。

スーパーボスは、雇って育てた人材を囲い込むようなことはしません。

むしろ、時機が来れば独立を勧めることすらあります。

独立した元部下が有名になればスーパーボスの評判も広まり、意識の高い就職希望者が集まりやすくなるからです。

元部下にとっても、スーパーボスのもとで働いた経験が一種のブランドになります。

 

 

スーパーボスは、外国の企業に多いですね。

やはり、日本は終身雇用制度があったせいか、上司は部下を支配下に置く風潮にありますが

転職が当たり前の海外企業は違います。

 

狭い世界で生きる日本の上司、世界視野で生きる海外企業の上司。

働きやすさといったら、やはり後者です。

[kanren postid=”5701″]

 

日本と海外の会社の違いはかなり大きいですね。

とはいえ、日本にも素晴らしい上司も存在します。

 

 

松下幸之助さん、稲盛和夫さん、鴨頭嘉人さんとかが有名ですね。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと [ 松下幸之助 ]

created by Rinker

従業員をやる気にさせる7つのカギ (日経ビジネス人文庫) [ 稲盛 和夫 ]

created by Rinker

 

 

また、スポーツの世界の指導者にもたくさんいます。

高橋尚子さんの恩師である小出監督なんかも、選手の能力を引き出す指導者として素晴らしいですね。

【中古】 君ならできる /小出義雄(著者) 【中古】afb

 

 

このように、素晴らしい上司は世の中にたくさんいます!

だから今の環境が嫌なのであれば、どんどん自ら変えていくべきなのです。

 

そういう意味では、職場を変える・環境を変えるというのは、非常に合理的で効率的な方法といえますね。

上司のことで悩むなんてもったいなさすぎます。

せっかく持っている能力がくすぶっていますよ!

 

さぁ、環境を変えていきましょう!!