「今の仕事は飽きた!」つまらない時間をいつまで続けるつもり?

飽きた
Mr.X

・今の仕事に飽きた!

・会社はつまらない。行くのも面倒だ!

 

こんな人いませんか?

これは、まさに・・・かつての僕です(@ponsuke_senpai

 

そこで今回は、前職の仕事に飽きた時の心理状態と行動、飽きてしまった場合の対策について僕の経験談をもとにお話しします。

 

僕の前職のお話は、こちらの記事で書いています。興味のある方はお読みください。

新卒で入社した会社を1年で退職し、非正規社員として3年間働きました|世間からの厳しい声を無視した3年間

2019.06.13

 

 

「今の仕事に飽きた!」理由

退屈

僕は、2年ほど経過した後に「仕事に飽きた」という感覚が生まれました。

その時の感情を挙げていきます。

 

誰にでもできる仕事

前職は、大手化学メーカーの分析職に従事していました。

イメージとしては、常に理科の実験をしているような感じです。

 

嫁ちゃん

え!?面白そうじゃん!

始めの頃は、すごく勉強になるし内容も難しくて面白かったんだけど。

慣れると、マニュアル通りに作業をこなすだけ日々に飽きが来て・・・

 

分析という、一見難しいような作業でも、結局はマニュアル通りこなすため

「別に自分じゃなくても、この仕事はできるんじゃね?」

と思ってしまいました。

 

それでも、どうしたら早く終わるか?効率的にこなすにはどうしたらいいか?

なんてことを考えながらやっていたのですが、それでも極めてしまうと、そういう面白さもなくなり・・・。

 

そりゃ、飽きるよね・・・

 

 

頑張っても認められない

頑張っても大きな成果ではない限り、なかなか認められにくいです。

 

頑張る→認められない→だけど頑張る→やっぱり認められない

 

この繰り返しでは、心は折れ、だんだんその仕事がつまらなく感じてしまうものです。

でも、それが正常な人の心ですよ。

 

 

毎日が同じで刺激がない

ルーチン業務を日々こなしている人に多い感情です。

 

僕も毎日同じことの繰り返しでした。

分析に必要な機器を用意して、マニュアル通りに分析して、報告書をまとめる。

 

楽といえば楽なんですけど、刺激は無いですよね。

僕のような、毎日刺激を追い求めている人間にとっては、刺激がない毎日というのは苦痛でした。

 

 

他の人が輝いて見える

大学の同級生が海外赴任でバリバリ働いていたり、他の部署で働く同世代が活躍している姿を見てしまうと、ルーチン業務をこなしている自分がむなしく見えました。

 

同じ年齢なのに、同じ学歴なのになぜこんな違うんだろう?と落ち込むこともありました。

 

とにかく、自分よりも他の仕事をしている人たちが輝いて見えるのです。

その結果、「今の仕事に飽きた」という感情に・・・。

 

一方、これは僕の友人が言っていた話ですが

友人
自分のやっている仕事が、世の中の何に影響しているのか分からない。
そう考えていたら仕事がつまらなくなってしまった

 

こういうのも、モチベーションが下がる理由ですね。

 

 

仕事に飽きると・・・

仕事 飽きた

 

 

飽きたら頑張れない

仕事に飽きてしまうと、笑顔が減ります。

何も面白いことなんてない。

完全に“やらされ仕事”

飽きてしまうと、「やろう!」という気力もなくなってしまいますよね。

 

そうなんです!

仕事に飽きたら、その仕事を頑張ることができないのです。

 

「これやってなんの意味があるんだろう?」と物事への意味を問いただすようになってしまう・・・。

これは誰にでも経験のあることではないでしょうか。

 

 

そこまで気にならなかった人が嫌いになる

「社会人たるものこういうものだ」と上司に言われて、「まぁそんなもんだよね」と納得していた僕ですが、

仕事がつまらなくなると、「めんどくせぇヤツ」なんて上司のことを思ってしまったり・・・(笑)

 

心境の変化!

 

その他、今まではたいして気にならなかった同僚も、なぜか目についてしまいます。

何気ない一言にもイラっとしたり(笑)

 

こういう場合もまた、自分自身に意味を問いただすことになるんです。

「上司にこんなこと言われてまで、この仕事やっていて意味があるんだろうか?」と・・・。

 

このように、仕事に飽きると、自分自身の精神状態はあまり良い方向に進んでいないことが分かりますよね。

 

 

飽きることは悪いことではない

転職

 

昔は「1つのこともやり遂げれないなんて情けない」なんて言われていましたが、

今ではその古い考えに異を唱える人たちが大勢出てきました。

 

飽きることは決して悪いことではないのです。

 

想像してみて下さい。

同じことをずっと続けていたら楽しいですか?嬉しいですか?

 

向上心のある人間なら、「もっと他のことがやりたい」と思うはずです。

飽きない人なんていないですよ。

 

「飽きた」ということは、「自分にはもっと別のことができるはずだ」という感情が隠れています。

要するに、「飽きることは、自分の成長欲の表れである」と言いかえれます。

 

だから飽きることは悪いことではなく、むしろ良いことなのです。

 

 

仕事に飽きた時の対処法

働き方

では早速、、、

・仕事に飽きてしまったらどうしたらいいのか?

・どうしたらもっとヤル気の出る生活に戻れるのだろう?

 

ということについて考えていきます。

 

 

余暇を思いっきり楽しむ

「飽きた」という気持ちは、心を暗くしてしまいます。

そのため、思いっきりハメを外してみるのも良いです。

 

休日は仕事のことをいっさい考えず、思いっきり遊ぶ。

とことん遊ぶ!!

平日も残業をしないで帰宅し、アフター5を楽しむ。

とことん楽しむ!!

 

これでまずは気分を切り替えてみましょう。

 

僕の場合、定時後は友達とワイワイ、当時の彼女とデートデート。

長期休暇は海外逃亡。

 

こんな感じでプライベートを充実させました。

 

しかしです!

楽しいと思う反面、やはり物足りない気持ちが僕の心の中には残っていました。

しだいに平日の帰宅後は、自宅で資格試験の勉強をするように・・・。

 

僕にとっては「余暇を充実させる」ことでは、仕事へのヤル気は復活しませんでしたね。

 

 

部署異動を願い出る

今の仕事に飽きたのであれば、気分を変えて、同じ社内の違う部署に異動希望を出してみたらどうでしょうか?

 

前向きな理由であれば、上司も検討してくれる可能性が高くなります。

その際は、必ず誠意を見せて伝えましょう。

間違っても「飽きたから、別の部署に異動させて」なんて言わないでくださいね(笑)

 

僕の場合は、部署異動は却下されてしまいました。

 

しかし、新しい仕事の担当をさせてもらうことになり・・・。

やったことのない新しい仕事であったため、はじめは楽しく取り組めたのですが、

やはり半年ほど経過すると飽きてしまいました(笑)

 

今までとは違う新しい仕事ではありましたが、結局は同じ部署でやっている仕事ですので、

本質的には仕事内容が変わらなかったのです。

 

つまり・・・少し仕事内容が変わっただけでは、何も変わらないということです!

 

 

転職する

余暇を楽しんで「オンオフ」をつけた生き方をしても充実感がない。

部署異動をしても、やっぱり仕事は飽きてしまった。

このような場合、もう転職しかありません。

 

転職をして、自分の興味のある分野・得意な分野に飛び込むことをおすすめします。

 

仕事する場所、周囲の人々、そして仕事が変わっていくことで大きな刺激となり

今まで悩んでいたことが嘘なのかと思うくらい、悩みはあっという間に解決します。

 

もちろん、余暇を楽しんでいる時間や他の部署でくすぶっている時間がもったいないという人は、転職一択でも良いのです!

【目的別】転職サイトと転職エージェントの比較一覧|業種別年収表も公開

2019.06.27

 

 

転職のすすめ

退職

 

転職という挑戦の後押しをしてくれる言葉を集めました。

胸に突き刺してください(笑)

 

会社を辞めるのに遅すぎるということはない。

もし本当に情熱的に取り組めないなら、「あと1年はやるべきだ」と思わずに早く辞めた方がいい。

自分も、一ヶ月で辞めた方が良かった仕事に1年間長居して、その惨めさを痛感した。

人生は好きではないことを長々とやるほど長くはない。

ムーギー・キム著 「最高の生き方」

「あれ、私なんのために働いてるんだっけ?」 と思ったら読む 最高の生き方 [ ムーギー・キム ]

created by Rinker

 

いつまでもその会社に居続けることは、かえってその人にとって不幸せであり、

むしろ転職して新しい可能性を試した方がいい・・・欧米ではそのような考え方が一般的です

中澤一雄著 「外資の流儀」

外資の流儀 生き残る会社の秘密 (講談社現代新書) [ 中澤 一雄 ]

created by Rinker

 

「一生を通じて学びたい」、「絶えず新しいスキルを身につけ新しい経験をしたい」と思うなら、同じ会社に居続ける必要はありません。

橘玲著 「働き方2.0VS4.0」

働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる [ 橘 玲 ]

created by Rinker

 

 

以上、仕事に飽きる理由とデメリット、そして対処法について紹介しました。

もう一度言いますが、「仕事に飽きたということは、向上心の表れ、成長の表れ」です。

 

だからネガティブに捉えず、1つのチャンスだと思って転職に挑戦しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です