日常のこと

【読書記録】2019年4月に読んだ本|ブロガーおすすめの本を中心に16冊読みました

【読書記録】 2019年4月に読んだ本

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

今までろくに本を読んでこなかった僕ですが、今年に入ってから読書の量がすごいことになっています。

そこでこの4月より、どんな本を読んでどのように成長しているのかまとめました。

他のブロガーさんや成功者おすすめの本を中心に読んでいますので、みなさんも気になる本がきっとあると思います。

ぜひ参考にしてください!

 

2019年4月に読んだ本

以前の記事でも書きましたが、僕は本当に読書が苦手でした。

[kanren postid=”4155″]

 

僕が読む本は、自己啓発本・ビジネス書が大半です。

基本的に、人からすすめてもらった本や口コミで評価の高い本を中心に読んでいます。

4月に読んだ本はこちら ↓↓↓

[box class=”yellow_box” title=”読んだ本(2019年4月)”]

①集中力:セロン・Q・デュモン

②読書の技法:佐藤優

③人生を整える「瞑想」の習慣:加藤史子

④マインドフルネス瞑想入門:吉田昌生

⑤LIFE SHIFT:リンダ・グラットン

⑥天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある:山口真由

⑦ワン・シング:ゲアリー・ケラー

⑧ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本:小川徹

⑨投資家が「お金」よりも大切にしていること:藤野英人

⑩知的生産術:出口治明

⑪お金はいつも正しい:堀江貴文

⑫どんな仕事も「25分+5分」で結果が出せるポモドーロ・テクニック:フランチェスコ・シリロ

⑬四つ話のクローバー:水野敬也

⑭世界一やさしい「思考法」の本:長沢朋哉

⑮未来に先回りする思考法:佐藤航陽

⑯徹夜しないで人の2倍仕事をする技術:三田紀房

[/box]

 

①集中力:セロン・Q・デュモン(270ページ)

集中力【電子書籍】[ セロン・Q・デュモン ]

created by Rinker

集中力がないことが悩みの僕。

すでに、メンタリストDaiGoさんの「自分を操る超集中力」など、みなさんがおすすめする集中力の本は読んでいました。

「他にないかな?」と探していると、見つけちゃいました!

このセロン・Q・デュモン著の「集中力」は、およそ一世紀にわたり、全米で秘かに読み継がれてきた普及の名著らしいのです。

 

これが、大当たりだったんですね。

ずっと手元に置いて読み返したいおきたい本と出会いました。

 

集中力を手に入れると成功するよ!

そのためには、こんなトレーニングがありますよ!

続ければこんなにステキな人生が待ってますよ!

ということが書かれています。

読みやすく訳されていますので、古典作品とは思えない文体です。

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]たったの600円で、こんなにモチベショーンを上げてもらえるとは思いませんでした[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]そりゃ、一世紀も読み継がれてくるわけですよね[/voice]

 

 

②読書の技法:佐藤優

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 [ 佐藤優 ]

created by Rinker

この本は、おすすめする人が多いですね。

月8桁稼ぐキンピカ社長もおすすめしています。

 

メンタリストDaiGoさんもおすすめしています。

 

読書をするぞ!と決めた僕は、1冊でも多く読む方法を習得したかったため、この本を購入しました。

佐藤さんは月平均300冊、多い月は500冊も読むそうです。

熟読・速読・超速読に分けた読み方の方法を紹介してくれています。

僕は、この本で読書のコツを学び、200ページくらいの本であれば1~2時間程度で読めるようになりました。

ネタバレすると、全部を熟読するわけではなく、必要なエッセンス部分のみを抜き取り読みって感じです。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]ちょっと内容が難しく書かれているので、この本を読む前に、DaiGoさんの動画を見ると、より本の内容が分かりやすいかもしれませんね![/voice]

 

 

③人生を整える「瞑想」の習慣:加藤史子(188ページ)

人生を整える「瞑想」の習慣 [ 加藤史子 ]

created by Rinker

瞑想の記事を書いたこともあり読みました。

何冊か瞑想の本を読んできましたが、どれも「瞑想の姿勢は?」「呼吸法は?」とかでした。

もうすこしスピリチュアル的な内容の本は無いか?と思い探していた時に見つけた本です。

具体的な瞑想のやり方というよりも、宇宙を感じてつながることの大切さや儚さが書かれた本でした。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]優しい気持ちになり、とても癒されましたよ!
オススメです。

[/voice]

[kanren postid=”4330,4354″]

 

④マインドフルネス瞑想入門:吉田昌生(143ページ)

マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法 [ 吉田昌生 ]

created by Rinker

瞑想の本の中で、入門的な教科書だと教えてもらい読みました。

『③人生を整える「瞑想」の習慣』よりも、瞑想のやり方が書かれていました。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]具体的すぎるほど具体的で、非常に分かりやすく参考になります![/voice]

 

 

⑤LIFE SHIFT:リンダ・グラットン(399ページ)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

created by Rinker

売れに売れまくっている本ですね。

僕もハマってしまいました。夜中までずっと読み続けたくらいです。

 

人生100年時代が到来し、今までの「教育→仕事→引退」という人生設計は終わりを迎えます。

 

引退後のステージも続く状況で、いかに自分の存在価値を示していくのか。

そのために必要な物は何なのか?ということが書かれています。

ネタバレすると、金融的な資産ではなく、無形資産の構築が大切であるということが述べられています。

 

この本を読むと、現在サラリーマンで会社に依存しながらの働き方がどんなに危険なことなのかがよく分かりますよ。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]社畜の方、「大企業は安泰だ」と豪語している方は絶対読んで危機を感じるべき![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]僕の上司に強制的に読ませたい・・[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]会議室呼び出して、延々と読み聞かせたら?[/voice]

 

⑥天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある:山口真由

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 [ 山口 真由 ]

created by Rinker

東大主席卒業、弁護士の山口真由さんが、ご自身の積み重ねてきた努力を披露してくれている本です。

トップブロガーのやぎぺーさんもこの記事で紹介しています⇒やぎぺー公式ブログ

頭いい人は天才ではない、努力によって天才になったんだと希望を持たせてくれる本です。

非常に読みやすいです。

[kanren postid=”4221″]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]著者の山口さんはきれいな人です![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]キレイとか、、、本の内容と全く関係ないと思うけど・・・[/voice]

 

 

⑦ワン・シング:ゲアリー・ケラー(221ページ)

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 [ ゲアリー・ケラー ]

created by Rinker

タイトル通り、「1つのこと」にフォーカスしなさいというお話でした。

目覚ましい成果は、どれほど的をしぼれるかによって決まる

著者自らの成功体験をもとに、あれもこれもと忙しい人へ「やるべき仕事の見つけ方」「集中の仕方」を伝えてくれた本です。

内容については、こちらの記事でもまとめています。

よかったらどうぞ!

[kanren postid=”4476″]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]この本の素晴らしいところは、太字だけを読んでも内容が分かってしまうということ!
つまり15分くらいで読めてしまいます[/voice]

 

⑧ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本:小川徹(237ページ)

ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本 [ 小川 徹 ]

created by Rinker

これは読んだ方がいいです!

この本で語られている内容は、そのまんまDaiGoさんも話していたくらいですから!

若返るためには、肌・髪・腸を整えること。

具体的なケアの仕方、食べたほうがいい食材なんかも紹介してくれています。

 

日本で話題のケア方法が、実は間違っていた!という発見もあります。

外見を磨いていきたい人は必読書です。

[kanren postid=”4290″]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]僕はこの先もずっと20代に見られたいです。だから熟読します![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]もう37歳のおっさんが何を言う・・・[/voice]

 

 

⑨投資家が「お金」よりも大切にしていること:藤野英人(244ページ)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書) [ 藤野 英人 ]

created by Rinker

いや~、良い本でした。

投資の本ではありません。

働き方、生き方をしめしてくれている本です。

お金を稼ぐことは決して悪いことではない、お金によってもたらせる幸せにより幸福度が向上する。

著者も言っている通り、この本は10代・20代のうちに読んでおきたい本です。

お金に対して、日本という国に対して、変な固定概念ができる前に読むべき一冊です。

[kanren postid=”4461″]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]日本を客観的に語ってくれるところが、ステキな本です[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]You Tubeでも解説しています。よかったぜひ見てください![/voice]

 

⑩知的生産術:出口治明

知的生産術 [ 出口治明 ]

created by Rinker

この本もおすすめの良書です!

著者の出口さんは、ライフネット生命創設者の方です。

出口さんは70歳ですが、従来の働き方は今の日本には合っていないと警鐘を鳴らしています。

・頭を使って生産性を上げろ
・女性が活躍できる日本にならなければいけない
・スピード重視で仕事を仕上げろ
・インプットをたくさんし、スピーディにアウトプットしろ
・上司の仕事は部下のサポート役

 

70歳という高齢の方が、こういう考え方を持っているとは驚きですよね。

この本はすごく読みやすく、内容も面白かったので、出口さんの別の本も読んでみたいと思っています。

[kanren postid=”4245″]

 

⑪お金はいつも正しい:堀江貴文(213ページ)

【中古】 お金はいつも正しい 双葉文庫/堀江貴文【著】 【中古】afb

ホリエモンの本は、いつも分かりやすいですね。

お金とは信用、借金からギャンブル、そして投資まで・・・この一冊を読めば、「お金」をざっくりと正しく理解できます。

お金について勉強したい人は、まずこの本から読むことをおすすめします!

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]

本の1/3は漫画なので、文を読むのが苦手!という人は、漫画の部分だけ読んでください。
エッセンスは十分に理解できます![/voice]

 

⑫どんな仕事も「25分+5分」で結果が出せるポモドーロ・テクニック:フランチェスコ・シリロ(193ページ)

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 / フランチェスコ・シリロ 【本】

created by Rinker

ポモドーロ=トマト型のキッチンタイマー

25分間の作業、そして5分間の休憩のサイクルで仕事をこなすテクニックが書かれた本です。

著者は「ポモドーロ・テクニック」の提唱者であるフランチェスコ・シリロさん。

 

メンタリストのDaiGoさんも「超集中力」という本の中でオススメしてるテクニック。

仕事を集中して成果を上げたいと考えている人は、ぜひ読んでみてください!

[kanren postid=”4560″]

 

 

⑬四つ話のクローバー:水野敬也

四つ話のクローバー【電子書籍】[ 水野敬也 ]

created by Rinker

読書につかれたときに読む本はありますか?

読書につかれたのに本を読むのかって話なんですけど、僕は水野敬也さんの本を読むと疲れが吹っ飛ぶんです。

水野敬也さんは「夢を叶えるゾウ」の著者です。

良い本書いてますよね!

心が温かくなる本、バカすぎる下ネタの本などなど。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]僕にとっては癒しの水野敬也さん(笑)[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]あれ?前に悪口言ってなかった??[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]言ったね~(笑)この記事お読みください↓↓↓[/voice]

[kanren postid=”1669″]

 

 

⑭世界一やさしい「思考法」の本:長沢朋哉

世界一やさしい「思考法」の本「考える2人」の物語【電子書籍】[ 長沢朋哉 ]

created by Rinker

マーケティング部に所属する先輩(♂)と後輩(♀)の物語に合わせて書かれた「思考法」の本です。

目的を達成するための手段について、戦略思考・ロジカルシンキング・クリティカルシンキング・分析思考などを駆使して考える内容になっています。

2人のマーケティング成功ストーリーや恋物語に夢中になれます。

物語の主張がやや多いせいか、思考法については内容が薄いように感じましたが、思考法の入門編であれば最適な本だと思います。

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]思考法を学んでみたいけど難しい本は無理!という人にはおすすめの本です[/voice]

 

⑮未来に先回りする思考法:佐藤航陽

未来に先回りする思考法【電子書籍】[ 佐藤航陽 ]

created by Rinker

著者は「お金2.0」を書いた佐藤航陽さん。

99.9%の人は物事の予測を誤るといいます。

しかし言い換えれば、0.1%の人は「世界が変化するパターンを見抜いている」ということです。

変化に先回りした人のみが生き残ることができる世の中。

この本を読んで未来を先読みしましょう!

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]今ノリノリの佐藤航陽さんのお話を参考にしよう![/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]今ノリノリって言い方よ。死語ですけど・・・[/voice]

 

⑯徹夜しないで人の2倍仕事をする技術:三田紀房

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論 ─三田紀房流マンガ論─ 』三田紀房流マンガ論【電子書籍】[ 三田紀房 ]

created by Rinker

「ドラゴン桜」や「インベスターZ」で有名な漫画家 三田紀房さん著の『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』です。

漫画家がビジネス書を書くって想像がつかないと思いますが、クリエイター目線での切り口は、僕のようなブロガーは見習いたいです。

どうやって数々のヒット作が生まれたのか、少ない時間で成果を出すためのヒントがたくさん詰まった良書でした!

要約するとこんな感じ。

・悩まず短時間で仕上げる!
・人の良い所はパクる!
・ひたすら行動あるのみ!

 

この本は、500円以下で購入できます。

このクオリティで500円以下はマジでありえません。

一読してみてはいかがでしょうか?

[kanren postid=”4270″]

 

以上、4月に読んだ本を紹介しました。

1ヶ月で16冊読みましたので、2日に1冊は読んだってことですね。

うんうん、「年間200冊読破」を目標にしているので、良いペースといったところでしょうか。

 

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165840.jpg” name=”嫁ちゃん” type=”l”]ぽんすけ先輩的に、この16冊の中で一番おすすめの本は何?[/voice]

[voice icon=”https://ponsuke-senpai.com/wp-content/uploads/2019/01/20190127_165808.jpg” name=”僕” type=”r”]悩みますが、

LIFE SHIFT です。
この本は誰もが関わる問題ですし、絶対読んでもらいたいです!![/voice]

 

ではでは・・・

今後も本を読み、みなさんに有益な情報をお届けできるように頑張ります!

バイ!