Audibleを解約した僕が、おすすめできない理由を語ります

オーディオブック

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

Mr.X

Audibleってどうなの?

読書量を増やしたいけどAudibleで増える?

本の朗読に月1,500円って高くない?

という質問に答えます。

 

今回の記事わかること

・Audibleのメリット、デメリット

・Audibleが続かなかった理由

・Audible以外でタダで本の朗読を聴く方法

 

かつてAudibleに半年間加入をしていた僕が、Audibleのメリット・デメリット、そしてなぜ解約したのか?その理由についても説明します。

 

 

Audibleを解約

30日間無料キャンペーン中に入会しました。

せっかく無料なんだし、30日間は本を聞きまくって満喫!

 

30日後・・・解約でーす!

なぜ僕がAudibleを解約してしまったのか、説明していきます!

 

 

Audibleのメリット・デメリット

僕が解約した理由をお話する前に、Audibleのメリット・デメリットを簡単におさらいしておきましょう。

 

メリット

Audibleのメリットはこんなところ!

・「ながら読書」ができる

・一流の声優や芸能人が朗読してくれる

・臨場感たっぷりなので物語が頭に入りやすい

・通勤途中の電車や車の運転中でも本が読める!

・スポーツジムで汗を流しながらでも本が読める!

・風呂に入りながらも読書ができる!

・就寝前、目をつぶっていても読書ができる!

・その結果、読書量が増え、知識や教養がつく!!

 

メリットいっぱいですね!

実際、僕も「読書量を増やしたい」という理由でAudibleに加入をしました。

読書量を増やしたい!知的な男に憧れる僕がAmazonプライムに加入した理由

2019.01.09

 

 

デメリット

一方、デメリットはこの3つを挙げます。

・月1,500円の料金がかかる

・目で読む方が早く読める

・Audibleに対応した本の種類が少ない

 

徐々に普及してきたサービスのため、Audibleに対応した本がまだ少ないのが現状です。

新書や話題の本なんかはAudible対応していますが、専門書はほとんどありません。

 

そのうえ、字を目で読むよりも耳で聞くほうが時間がかかってしまい、

1冊の読み終わりスピードは通常の読書に比べて1.5~2倍くらいかかってしまいました。

 

速読できる読書マンにいたっては、平均3~5倍くらいスピードに違いがあるそうです。

 

 

Audibleを解約した理由

 

では、解約した理由を説明していきます。

 

①読みたい本がなかった(少なかった)

そう、Audibleの致命的なてんですけど・・・読みたい本がラインナップされていないんです。

 

だいたい10冊あれば良い感じかなぁと。

 

 

②iphoneの読み上げ機能を知った

iphone上の文字は、iphoneの読み上げ機能を使えば、Audibleに加入しなくても本が読めてしまうことを知りました。

詳細はコチラ

 

Kindleアプリの本であれば、自動でページをめくりながら文字を読み上げてくれます。

 

音は機械的、たまにへんな読み方(例えば、「少子化社会」を「しょうこかしゃかい」と言ってみたり・・・おかしな時がありますが、無料でこの機能を使えるのであれば、まったく問題ありません!!

 

まぁ、このへんは ご愛敬!

 

 

③値段が高い

読みたい本(聞きたい本)が無いのに、月額1,500円とられるのは痛いです。

僕はKindle Unlimitedにも申し込んでいるため、2つで約2,500円は出費と感じてしまい・・・。

 

その結果、30日間の無料期間を経て解約しました。

 

 

だんだんAudibleにラインナップされている本の種類は増えてきたようですが、まだ僕の心は刺激されないまま!

今後、さらにラインナップの種類が増えて、読みたい本がたくさん登場したら、再度Audibleに登録する可能性ももちろんあります。

その時が来るまで、虎視眈々と狙っていこうと思います(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です