【書評】どんな仕事も25分+5分で結果が出るの感想|ポモドーロテクニックは最強だった!

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

仕事を集中して成果を上げたいと考えている人におすすめな方法が「ポモドーロ・テクニック」です。

そのポモドーロ・テクニックの開発者が書いた本「どんな仕事も25分+5分で結果が出る」について、紹介します。

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 [ フランチェスコ・シリロ ]

created by Rinker

 

5分で内容が理解できるように動画でもまとめたのはコチラ↓

 

どんな仕事も25分+5分で結果が出るの感想

ポモドーロ

著者はこの人

「どんな仕事も25分+5分で結果が出る」の著者は投資家のフランチェスコ・シリロさんです。

本書で紹介されている「ポモドーロ・テクニック」の提唱者です。

 

ポモドーロとは、トマト型のキッチンタイマーのことです。

ポモドーロ・テクニックの目的は、

自分のやりたいことをやりたいように成し遂げ、仕事や勉強の成果を継続的に高めていけるように、時間を価値ある味方にすること

と著者は述べています。

メンタリストDaiGoさんも、ポモドーロ・テクニックを使って仕事をすすめているそうです

その内容は、こちらの本で紹介されていました。興味があれば読んでみてください!

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker

 

感想

ポモドーロ・テクニックについては、メンタリストDaiGoさんの本で既に知っていたため、内容は頭にスラスラと入ってきました。

初めてポモドーロ・テクニックを知った人でも分かりやすく説明してくれているので、非常に読みやすいです。

 

今日やることリスト・記録・仕事の在庫の3つのシートも例として挙がっているため、実践に活用することが可能。

中断してしまいそうな時の回避法や、チームとしての活用方法も紹介されています。

 

この1冊を読めば、ポモドーロ・テクニックは完璧に理解でき、生産性もアップすること間違いなし!

 

 

ポモドーロ・テクニックのやり方

「仕事の在庫」を書き出す

まず始めに行うことは、「仕事の在庫」を書き出すこと。

そして、1日のはじめに「仕事の在庫」シートから、その日に片付けたいと思うものを選び出し、重要な順にそれぞれを「今日やること」シートに記入する。

 

◆仕事の在庫シート

仕事のリスト

 

◆今日やることシート

今日やること
欲張らない程度に1日の仕事量を見極めましょう!

 

 

ポモドーロは「25分プラス休憩5分」からなる

25分間の作業

タイマーを25分にセットし、「今日やること」シートの中の最初の作業に取りかかる。

25分間、中断や分割することは不可!

とにかくこの25分間はひたすら集中して取り組むことが大事です!

 

5分間の休憩

タイマーが鳴ったら、作業項目の横の欄に「×」印を付け5分間の休憩を取る

 

◆作業が終わっても終わらなくても、一番右の欄に「×」をつけます。

今日やること(チェック)

 

 

この5分間は、25分間の内容を頭にしみ込ませたり、リフレッシュの時間になります。できるだけ頭の中は空っぽにしてください

 

僕の場合は、この5分間で瞑想をして何も考えない「無」の時間にあてています。

瞑想の効果はなんと15個以上!瞑想しないと人生損しますよ【全解説付き】

2019.04.14

【初心者向け】瞑想とは?まず初めに理解しておきたいこと

2019.04.13

 

この5分間にスマホをいじってネットサーフィンしたり、SNSに夢中になる人がいますが、これはNGです。

・次のポモドーロへの集中モードが途切れる

・5分では終われない(依存する)

など、このような理由が考えられらます。

 

5分の休憩が終わったら、また25分間の作業に取りかかります。

このサイクルを繰り返していきます。

 

 

4回のポモドーロごとに15~30分間の休憩を取る

4回のポモドーロ、つまり2時間が経過したら15~30分間の休憩をとる

メールのチェックや、軽い散歩、デスク上の片づけなど単調な作業に当てる

僕はリフレッシュをするためコーヒーがぶ飲み、おやつ爆食い!
嫁ちゃん
ぽんすけ先輩は、最近食べ過ぎで小デブ気味(笑)

 

 

タイマーが鳴るまでポモドーロは続く

タイマーが鳴る前に作業が終わった場合には「タイマーが鳴るまでポモドーロは続く」のルールに従う

残った時間で、予定してた以上のことを学習したり、見直したり、小さな手直しや復習をしたりする

えっ!10分間で終わったら、ご褒美として嫁ちゃんとイチャイチャしていいんじゃないの!?
嫁ちゃん
イチャイチャしなくていい!復習やれ!!

 

 

5~7ポモドーロを超えるものは分割する

1つの作業で5~7ポモドーロを超える見込みの場合は、複雑すぎることを片付けようとしているため、分割して考える

なるべく単純化して作業するのが良いということですね!

 

 

1ポモドーロに満たないものは組み合わせる

用件が1ポモドーロに満たない場合には、同種の要件をまとめて1ポモドーロになるようにする

単純すぎること(例えば「〇〇に電話」「チケット手配」etc)は、まとめて1ポモドーロにするってことですね!

 

完了

作業が完了したら、このように横線を引いて消していきます。

今日やること(完了)

 

 

ポモドーロの効果

ポモドーロを習慣化できる期間

だいたい、ポモドーロ・テクニックの感覚をつかむのは7~20日あればできる

実践しやすいテクニックのため、もっと早く感覚がつかめると思います

 

 

時間の感覚が変化する

時間に対する感覚が変わって集中力が高まる

・25分間がゆっくり進むように感じる

・25分の半分が過ぎたことが分かるようになる

・残り5分になったことが分かるようになる

ポモドーロを極めると、時間の感覚が研ぎ澄まされるようですね。ここまでになるには、何度もポモドーロを繰り返す必要がありそうです

 

先延ばし癖が治り、集中力が得られる

先延ばしの癖が染みついていた人たちは、ポモドーロによって集中力が得られ、小さなことを積み重ねていけるようになった

たったの25分間なので、今まで億劫で先延ばしていた仕事も「この時間にやってしまおう!」と気軽にできてしまいます

 

見通しをつける力がつく

・作業に必要な労力を正確に見通せる(量的な推測力向上)

・必要となる作業の数と種類を正確に見通せる(質的な推測力向上)

ポモドーロテクニックで大事な「仕事の見込み」能力が鍛えることができます

 

 

以上、「どんな仕事も25分+5分で結果が出る」について要約しました。

 

25分集中で進めるのは、意外と簡単です。

ただ、1日の終盤になると疲労感も出てきてシンドイ場合もあります。

そういった場合は、あまり無理せずポモドーロ4回完了時点で長めの休憩を取ってみて下さい。

 

本書では15~30分間と述べてますが、45分間でもいいそうです。

何より継続して取り組むことが大事だと思います。

 

さぁ、ポモドーロ・テクニックを始めましょう!!

 

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 [ フランチェスコ・シリロ ]

created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です