【書評】1分で話せの感想|筋道を立てて説明したいプレゼン初心者向けの本

1分で話せ

こんにちは。

ぽんすけ先輩(@ponsuke_senpai)です。

 

Yahoo!アカデミア学長である伊藤羊一さん著「1分で話せ」の要約をします。

プレゼンが苦手な人は、ぜひ読んでみてください!

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 [ 伊藤 羊一 ]

created by Rinker

 

「1分で話せ」の感想

著者はこんな人

著者はYahoo!アカデミア学長である伊藤羊一さんです。

神様
Yahoo!アカデミア?なんじゃい、そりゃ??
ハワイのお土産かい?
嫁ちゃん
マカダミアナッツではありません

 

Yahoo!アカデミアといいのは、Yahoo!社内にある大学(学びの場)のようです。

伊藤さんは、ここで日々プレゼンテーションの指導をおこなっています。

 

もともとプレゼンテーションが大の苦手だったという伊藤さん。

数々の経験を積むうちに「伝えるスキル」を磨き、ソフトバンクアカデミア(ソフトバンク孫社長の後継者を育てる学びの)の選考に応募し、孫社長の前でプレゼンを行い2位という好成績を収めたそうです。

 

感想

この本は初心者向けの内容になっています。

そのため、中級者・上級者の方は物足りなさを感じるかなぁと・・・。

聞き手の右脳・左脳の刺激の仕方、そして行動につなげる方法など基本的な内容が丁寧に書かれていますので、やっぱり初心者向けですね。

 

筋道を立てて話したいという方にもおすすめです。

 

わかりやすい表現、事例も載せてくれていますので、あっという間に読めてしまいます!

 

1分で伝える

伝えようとすることの骨組み、つまり結論と根拠のセットを構築する。

これができれば驚くほど説得力を増す伝え方ができる。

 

1分スピーチをしたことはありますか?

いざ1分以内に伝えたいことをまとめようとすると、時間が余ったり足りなかったり・・・。

話のプロは、1分以内でのスピーチを簡単にやってしまうのですよね。

 

この本で紹介しているのは、話の骨組み・結論・根拠の構成の仕方です。

そのためには余分な言葉を削ぎ落すなどの手法が書かれています。

1分間スピーチって本当に苦手な僕。
この本では、うまく1分間にまとまらない原因が書かれていました。やっと腑に落ちた感じです!

 

1分でその気になってもらう

ロジカルに考えられた正しいことを聞いて理解するだけでは、人は動かない。

人はイメージを想像することで、感情が揺さぶられる。

 

人の感情をゆさぶることが、最も難しいですよね。

 

僕も経験があります。

順序立てて一連の経緯を説明するものの・・・「で?」って感じに沈黙になってしまい・・・。

こういう時は、とても悲しい!

 

1分でその気になってもらうには、人の「右脳」を刺激してあげる必要があります。

そのためには画像を見せたりということも効果的なのですが、言葉でも右脳を刺激することができるのです!

このあたりの方法が本書には書かれていました!

トーク力の高い人は、その気にさせるテクニックも高いきがします。
僕は仕事では全然だめだけど、女性に対して「その気にさせるテク」では自信あり!
嫁ちゃん
仕事で活かせれないなら、意味ナーシ!
はい!退場!!

 

 

「伝え方」のパターンを知っておく

筋道を立てて説明したいときは、こちらの手法が有効です。

・Summary(まとめ)-Detail(詳細)-Summary

・Point(主張)-Reason(根拠)-Example(例示)-Point

 

これらのフレームワークを使うと、プレゼンが力強く説得力を持つといいます。

確かに、はじめに結論を言ってくれると話の内容が通るね!
嫁ちゃん
ダラダラ話して、「・・・で結論は?」となることほどイライラするものはない
ん?なんだか嫁ちゃん殺気立ってますけど・・・

 

 

実践あるのみ!

・練習することによってでしか、伝える力は上達しません。誰かに聞いてもらい、フィードバックを受けながらやるのが一番!

・信頼を得るためには、まずは自分たちのエゴを捨て、相手の課題に向き合い、ニーズに応える。ひたすらこれを続けていけば、必ず商売に結び付く。

 

なにごともそうですけど、上達するには練習あるのみです!

特にプレゼンは、かなりの場数を経験しない限り上達はあり得ません!

 

あのスティーブジョブズもiphone発表のプレゼンでは、圧倒的な量の練習を重ねたといいます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン人々を惹きつける18の法則【電子書籍】[ カーマイン・ガロ ]

created by Rinker

 

プレゼンの機会を与えられた時は、「その話は俺が1番知っているんだ」というくらいの気持ちで臨んだ方がいいと言われています。

それだけの自信を持った人の話なら、それだけでも聞き手は圧倒されると思いますよ!

 

とにかく、練習をたくさんやって自信を持って本番に臨むこと!これに限ります。

僕の場合は、最低でも10回は練習して準備します。それでも全然上手にできない
まだまだ練習量が足りないということですね

 

僕のおすすめ度

「1分で話せ」の僕のおすすめ度は・・・

★★☆☆☆

分かりやすくて読みやすかったですが、「新発見」の観点でいうと少し物足りなかったかな~と思います。

とはいえ、基本的なことが書かれていますので、これまでの自分のプレゼンを振り返るという意味では非常に参考になる良書です!

 

以上、「1分で話せ」の書評でした。

プレゼンの初心者向けの本ですので、「プレゼンってどうやったらいいの?」「どうしたら話がわかりやすくなる?」と困っている方はすぐに本書を手に取って読んでみてください!

答えがきっとあるはずです!!

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 [ 伊藤 羊一 ]

created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です